<1804>「冷風の、零の人」

 隅からその歩を出す、、

 ただに残った時間のなかへ、、

 用意した、身体ごと出していく、、

 私はそのなかで大仰な呼吸を為し、、

 そこから静かに滑り出してくるもの、

 なにとなにと挟まり、

 私はそのなかでさわぎながら、、

 暗い時間のなかを回転する、

 暗い時間のなかを当たり前に繋ぎその平面へ、

 だらだらと漏れてくる、

 だらだらとそのしわざがここへ垂れてくる、、

 私はその平面を眺めているだけなのに、

 ある、当たり前の、不気味な響きが続いて、

 ひとつでもどうだろう、、

 この身体に染みたらば、 

 長く振るのかもしれないよと、

 

 あたしは影からその印象に出て、

 ひとつ、ひとつと合図を出す、

 なあ、当たり前に揺らぐ、、

 そのほうけの正面へ、いくついくつと数え上げながら入ってきておくれよ、

 あなたは巨大な、、

 何か沈黙して、そのまま微振動する岩になるのか、

 私はぶつかった、、

 そのかたまりの冷たい肌の下のごうごうとなる流れに、

 一秒毎含まれていった、、

 はて、肌に、一様の文字、、

 回転する文字のなかに沈み込んでいき、、

 私は裸になって沈黙した、

 ここで裸に会うことは必要以上の沈黙であるように思えた、、

 しきりに流れを動かし、、

 私はただ温度の上昇に正確に付きそう、、

 漏れて漏れて、

 ただ肌の上に揉まれて生まれるものの何と言えるかを探り合わそう、、

 はては身体の事件に静かに居よう、、

 もう底だから・・・

 

 あたしはあなたの呼吸のなかに居て、

 びりりと震えた、

 その記憶は一枚の冷たい板になり、、

 側面へ、はりついたままになった、

 私はもたれかかる、、

 静かな記憶のなかへ表情を失って、もたれかかる、、

 零の人になって、、

 いちどきにその時間のなかへ冷風となり漏れて行く、

 はあ、と、いきつくまに、、

 再時、私が過ぎ、、

 そのひえた風とひとつになって続く、、

 ものの払いのなかで、

 あたしから溢れよう溢れようとする、、

 その身体の中を射そうとするひの、、

 静かな視線と、、

 表情を合わせた・・・

<1803>「青い映像の中」

 あたしは青い映像のなかにはいった、

 そのなかでなにと浮かれさわぐものの声の、

 青い映像のなかの響きに、

 浮かれているいくつものものごとの、

 繋がりを、

 片方の手で確かめたまま、その装いに、生きている、、

 私はこの垂れた時刻のなかに生まれ、

 記憶たる映像を含んでいった、、

 含まれたままで流れるもののひとはがそこに住み、

 そこで永らえて、

 私の中に続いた、、

 身体が線の上でどこまでも続き、、

 どこまでもしられてうきたっていた、、

 

 私はその浮いた身体のなかに立ち、

 そのそこで呼吸をする、、

 それが青い日のなかにまっすぐ被さって来、、

 身体がはぐれ、

 ひとつひとつの液のなかによみがえるとき、

 私は知ることが出来る、、

 この隙間のなかに少しずつ溜まり込んでいくものの誘いを受け取ることが出来る、

 なに、意識から離れて、、

 すばしこい時刻のなかをまわると、、

 華やかなしざまが、ここへ繋がって来るのだ、、

 私は白いものへそのままに向かい、

 そのままで過ぎ、、

 また歩行する、

 また歩行のなかざまで時間が生まれている、、

 時間が暮れて、、

 私の粒にも色が付くとき、、

 ほうほうという声の上がるものおと、

 ものおとのなかに膨らみ出でて、、

 透明のなかを過ぎる、、

 透明のなかを豊富に行き過ぎてしまい、、

 あたしはその自のなかで少なくも、生まれる、

 生まれては等しく垂れている、

 垂れているものへ、長い時間手を付けていたら、、

 身体がまともに過ごしはじめた、

 

 あれが触れて、、

 その身体のなかでかたまると、、

 もうものの仕草の細かい線までがあたりまえに身体へと入ってくるようになっていたのだ、、

 静かに沈み、、

 ひとつでひらく場所へ、、

 呼吸のままで通じていたのだ、、

 どうかその記憶になりうる粒をひとつひとつ食み、、

 含まれることを願う、、

 私がこの線に通じ、、

 どこかからまた驚愕して膨らんでくることを願う、、

 私はまた仕草を刷いた、、

 刷いてそのまま当然にその時刻のなかでひろがって、、

 私が連続することを願った、、

 おい、おくの声が響くなかへ、

 身体などそのまま流れてきやしまいか、、

 私は臆病だけれども、

 その手の誘うありかを知りたいと思う、、

 長く長く沈んで・・・

<1802>「無縁の粒」

 あたしが揺るぎのなかで生まれて、、

 その途次へ身体を入れて過ぎるものとすると、

 いやに流れが見えて来て、、

 そのなかに埋まる、

 埋まれば埋まるだけの姿と声の、

 様子を上手くその印のなかに流した、、

 あたしが装いのなかでひとしく踊るとき、、

 さてもさてもそのなかに私は見えている、、

 私はその糸に繋がり、

 おおよその揺れのなかに見事に収まる、

 私はそのなかにいて、

 揺れのなかでひとつひとつ泡を確かめようとする、、

 身体のままで、

 その泡になろうとする、

 いくつもの旗の出合い方を今ここに渡しておく、

 それでいくつも勢いにのり、

 あたしのなかに巻かれる、、

 

 揺れが、身体の中に収まって、、

 そのしぐさもいちどきものにしてしまうと、

 また知らぬ振りをして別れて、、

 お互いが無縁の粒になり、

 静かな場所で私のほうけさわぎを見守る、、

 私どもはここでこうしてほうけていた訳だけれども、

 それはどこの粒になり、

 どこに混じり、、

 どこで温められ、

 夢としてその先でひらくのでしょうか、、

 私は、それを、まったく知らない訳ですけれども、、

 沸騰して、その香りを、身体のなかに含み、

 じねん生まれ変わっているという訳ですけれども、

 あなたのその夢見がひらき、

 私の方向へ集まり、、

 それは方々ではじけ、一面にゆく、

 私は見る、、

 すぐれた流れのなかでひとつの粒を見る、

 

 静かにしていたら身体のなかで生まれた、

 身体のなかで生まれていたら静かな熱を持った、

 このジ、

 熱を持ったら僅かな粒が出来、

 複数出来、

 多量になり、、

 あの装いのそとまではっきりと続いてきてしまう、、

 ものの見のなかに続き、

 私は静かな時間のなかで弾ける、、

 かく響きが、かく時間に、

 私は熱を込めて、、

 そのなかで短い糸と糸とが出来上がってしまい、

 その粒のなかへ参じて来る、、

 出て来た、出て来た、

 その微量な揺るぎのなかに来るものは何か、

 と、あたしは言う、、

 あたしはその香のなかに身体を持ち、、

 はっきりと、そのなかへ表情を表す、、

 何かが触わり、私は振るい、ジがさわぐ裏へ回る・・・

<1801>「内証の点の声」

 あたしはそのなかでひとしきり盛り上がり、、

 どうしたってここへ見えてくる、、

 明りは伝い、

 私は声のなかでまた生きてくる、、

 見事に、熱が溜まって、、

 どこからどこ、、

 どこから諸方へ身体は向かい、、

 もののよぎるさまへ今私を合わせる、

 どこからどこ、

 彼方から長くに伝わって、

 そのものの静かな肢体が今そこにある、、

 

 あたしは、もの遠い音へ向かって駆けて、

 駆けて、、

 ついに駆けることになった、、

 もの遠さを求めるということは、どこか煙になって私の中に含まれ、、

 私はただ駆けていることになった、

 そうして、時間のひとつもないことになって、、

 私はその奥で、剥がれて、、

 あの物事の熱のなかへひとりで参じる、、

 あの熱のなかで浮かぶ、、

 私は身体の中に煙を持ち、、

 そのなかでほうけた、

 あたしを誘う人の姿と表情が今にはっきりと見えていた、

 そこで、私は風を静かに受ける、

 そこで、私は呼吸を受け、、

 次々に渡れ、次々に生まる、、

 ものが遠くで長い音を出し、

 あたしはそのなかに巻かれる、、

 必要な量が戻り、なかへ住み、

 その模様を私にくれた、、

 模様のなかで泳ぐ、、

 私は煙で、泳ぐだけは泳ぐ、、

 それは晴れるもの、

 また紛れて、透明になって生きているもの、

 私は肌に居るの、、

 そこで生まれているの、、

 ただそこでさらになり揺らぎながら、、

 当たり前に受く日の煙、、

 

 隅に、ぼうと立ち、、

 私はすみやかにここを転げて溢れる、、

 様子が、ここに溢れる、

 溢れていたものへ静かに身体をつけて、

 私はそのなかに生まれる、

 生まれてすぐにこの方法のなかへまぎれて、、

 ひとつの肢体のなかの煙が上がる、

 私はまぎれて、

 そのなかで声をあげた、、

 ひらけて、

 すみやかに、内証へ、私は声を用意していた、、

 その姿があきらかにここへふられ、、

 ものが種々の点を成す、、

 あたしはその点の歓びのなかへはいり、、

 静かに揺らぐ・・・

<1800>「その自へ単簡な声を当てて」

 ジに触れたままそこに残る物事、

 私は呼吸から出て、

 渦の流れ、、

 私は鈍自に、すっかり出て行こうと思った、、

 何がこの響きを作る、

 何が身体のなかの振動線となり・・・

 私は、大仰な物事のなかに出てきた、

 そこでただ単純な声をし、

 流れ、、

 ひとつのものとは言えないところへ真っすぐに、出て来、、

 私はその流れのなかで静かに華やいだ、、

 意識をここに集めながら、、

 長らくこの鈍自のなかにこだわり、

 そこへこもる、、

 

 私がそこから息の流れに、

 初めて乗り出だしてゆくものとなり、、

 そこに生まれて、もみこまれた、、

 私は風のなかに立つ、、

 方向へ、順次、単簡な声を当てて、、

 それが私の様子になり、、

 なかから揉まる、

 なかから順次、生まれてきてしまう、、

 私がその仕草のなかにいくつもの膜を用意し、、

 そのテンポのなかではたらく、、

 ひとつの声、、

 私はいましばらく水へ居て、、

 潜る、

 どこへなとどこへなと、潜る、のばす、、

 多方へ多方へ、、

 揺らぎから生まれて私は生の様子、

 なまものから徐々に滑り出してきたのだ、、

 なにようのかたまりが、

 そこへ飽くまでも、在り、、

 いちどきにその姿へ含まれてくるのだろうか、、

 私は知らない、、

 私は、身体のことを知っている訳ではない、、

 意識から流れた、、

 

 あたしはもの遠いリズムヘ、

 身体を合わせて、、

 そこなとそこなと粒のほうけから、、

 私のそばへ生まれてくることとおもう、、

 あとはそのマのなかに呼吸を立て、

 それは影のなかに揺らぐ、

 それも隅にあり、、

 私は時刻にあり、

 そのもののなかでかけていたものへと指が、、

 そのジに揺れが、

 ほどけて、まあたらしい振れが、、

 時刻が、、

 そのジに今来の表情が映る、、

 華やかに映って来、、

 身体のなかに結ぶ、

 あたしは装いのなかにいて、 

 その結びをいつまでも見ている、、

<1799>「不、」

 ふ、なにを、ふ、またぐ、ふさぐ、

 あ、なかをそのまま流れて、、

 あたしはそのなかに生まれていた、

 そのなかに生まれてここまで声をしたのです、、

 あたしはその景色のなかにいて、

 当たり前にそのなかへ揺らいできていたので、

 すっと身体がそこまで入って来ました、

 あたしはその粒のなかに混じって、

 小さな呼吸などもその方面に出で来る、

 そのなまの揺らぎのなかへ出て来る、、

 あたしは、太い、、脈のなかを通って、

 そこから順に、渡る、渡る、、

 近くを渡るものの表情のなかに生きているのです・・・

 

 ふ、

 ふ・・・ 今あなたの姿が当たった、、

 あなたのなかで時刻は止むこともあり、

 その平面に、

 私は無時間の印象として音もなく揺らいでいるのですが、、

 じじと当たるその姿が増えて、、

 あたるあたる粒がつぶがツブガ、

 ものの遠くへ繋がるのだよと言う、、

 身体のなかに音があるのでどうしたら良いだろう、、

 そこから音が鳴って全身がかたまり、

 またとけていく、、

 そのいちいちの声をきくのですから、、

 私は、跳ねて、

 跳ねて、跳ねて、型に、その文字の身に、

 私は静かに滑り込んでゆく、、

 私はその尋常な身体が当たるあたりへ静かに、

 身を締めて、、

 全てが時刻に、こぼれていく、、

 驚愕しながら、、

 身体はそこから次、次から次へとこぼれていく、、

 一体何の時刻に入り、、

 流れるながれる流れる、

 

 あたしのものを誘う仕草がそのままに映る、、

 あたしはこれがどこまでも続くのをはっきりと知り、、

 あの時刻の砂の上で、

 あきらかな遠くへ、ゆっくりと出でていたんだ、

 あれはこのジのどこか奥のところへ掛かった、、

 現れる私の仕草の揺らぎ・・・

 ほうけた揺らぎのなかへ潜り、潜り、、

 あたしの肌は直情のなかへ生まれる、

 その単純な歩みのなかへ生まれる、、

 あたしはいついっかの日になだれこんで単簡に出来上がって来た、、

 身体のなかに声を含み、、

 いついっかの時刻へ向けてその細かい粒を振って出て来たのだとはっきり言える、、

 わたしはその時刻のなかの砂の上で振るえている、、

 振るえて出た身体だ、、

 あなたの無時刻の上へどう伝う、、

 ふ、その振るえにまぎれて、

<1798>「無方を向く」

 私が響きのなかで身体を回転させているとき、

 姿がまた新しい皮膚のなかを、

 来る、

 当たり前にそこへ出てきて、

 私は知る、

 私はこの方向がどこまでも膨らんで続くのを知る、

 どこからのものか、

 私は知る、

 静かに身体をほどいて、

 全て糸になり、、

 その様相のなかの色に馴染む、

 私は軽々と風物のなかに染みていった、、

 その物事は白い顔をして、、

 只中に現れたのだ、、

 

 ものを遠くに運んでゆく、

 その、そぶりのなかへ、

 何度も生まれていることと思い、、

 そのさなかへ、

 いくついくつなと身体を掛けておったのです、、

 そのもののじのおもさを受けて、

 私は回転していたところです、

 あれ、なにやら、、

 こちらを向かいつ揺する揺する、

 その日の動きが、

 明らかに映えて、、

 ゆっくりとこちらへまた回転してくるのです、、

 その香の揺らぎを、

 また知り、また知り、、

 不透明なもののなかへ、身体は潜り込み、、

 さあ、繋いだ、、

 はげしい流れのなかへ見知ったものを、

 といて、含むと、、

 私はまた新しい皮膚になっていました、、

 

 ああ、さわぎの、、

 その華やかな中心点に立ち、、

 私は無方を向く、

 装いのなかに明らかに混じり、

 私は無方を向いてひらいでいくのだ、

 その点のさなか、

 揺らぐそのハのなか、、

 私は浮き、

 当たり前にその模様のなかへ潜る、、

 どこから声をしているのだ、

 私は回りながら、

 いくついくつとその線のさまを撫で、、

 いつとはなく揺れる、

 ものが遠く、そこに声をする、、

 私は振れる・・・

 ものが立つ、色になる、巡る、、

 はっきりと映り、、

 もののさまに身体をまったいらにつけて、、

 流れる、流れる、、

 いつとはなくそこに跳ね、

 潜り、当たり、とける、、