<1722>「現実がよく夢になる」

 知らない時刻から、

 のびて来よう、のびて来ようとする、

 知らない、時刻をきいている、

 実は、そのなかで育ったこともあるというのに、

 身体のどこかが反応するような、こともない、、

 ほとんど、時間を持っていない地点では、

 私は何をするのだろう、、

 ほとんど、もう、眠りにつつまれているといってもいい、

 その動きのなかのこと、、

 

 丁寧に層を重ねる人は、時間の進みを変えたりはしないだろうな、

 であるから、私もそれに、静かに従い、、

 呼吸が経過する時間に、それ相応の、幅が出てくる、

 幅の中で眠る、

 非常に遠方へ、遠方へ、、

 私の中には何ものもない、というのは意識ですわね、

 でも事実はそうではない、

 終始だるい、

 気持ちが何も持ち上がることはないと言いながら、

 ひとつ事を終わらせて来て、

 少し湿り気を帯びた部屋へ入る、、

 あたしは前に住んでいた家でもそうだったが、、

 部屋というものは暮らしているうちに自身の中心になってきて、

 そこにいない時間の現実性というものは、

 部屋に帰ってきた瞬間に霧散され、、

 ただよく出来た夢のようにしか思えなくなることがよくある、、

 現実が夢になると、そこはあけらかんとして眠さがない、

 眠さは現在に、意識に今の時間に関係してくるところのもの、、

 身体が、いついかなる時もひきずられている、、

 

 気合を入れ直すような動きがあまり好きではない、

 けだるさならけだるさなりに、対象へそのまま入っていく、、

 そこで明らかな花が咲き、

 私の方を見つめながら揺れている、、

 私は少しほる、

 またほる、またほる、、

 少し深くなるだけ、

 またほる、もう少し深くなる、、

 本当という表現で掴まえられるなにものもないとおもっている、、

 本当の、という響きをきくと、

 あれ、私はそんなものどこにも持っていないな、

 どこかに置いてきたかな、

 と、ぼうやりした気分の中で少し慌てる、

 だいいち、

 もう、部屋に戻ってきたら、

 さっきの、「本当の」ひと仕事が、もう、夢みたいじゃないか、

 これはなんだ、

 私は、現実に起こらないものを前にして緊張していたわけではない、

 しかし私は、現実に起こらないだろうことを起こると想像して緊張することはある、

 それでも、訳の分からないことだとは思わない、、

 過去の時間、つまり、夢みたいなことが多くなり、私もそのなかに重なり、眠さを頼りに、そこの方へ、身体を掛けている、なんぞということもある・・・、

<1721>「この前あなたのことを話しましたよ」

 これは子どもっぽい話になるのか、別にそうでもないのかはよく分からないが、

 私が現実に生きるなかで、出会ってきたあれやこれやの人々を想起することがある、

 すると、反対に、頻度がいかほどであるかそれは分からないが、私のことを知っている人々も時々私のことを想起したり誰かと居て話題にのぼらせたりすることがあるかもしれない、

 それなりにそれなりの頻度で起こっているのかもしらないが、

 私があれやこれやの人々を想起するのは現実感があるのに、

 私のことを知っている人が私のことを想起するだろうことには全く現実感がない、

 話題にのぼったよ、という事実を伝え聞いても、それはなんだか遠い話だという気がする、

 現象として零ではないのに零だと感じる、

 これを子どもっぽい話だと思ったのは何故だろう、

 個人というありかたにとってこれは当たり前の話かもしれない、

 当たり前っぽい話かな、

 

 大袈裟なことを言うようかもしれないけれど、

 もしこれらのウイルスでじき死ぬかもしれないとなったら、なにをしておきたいか、と考えたときに、

 それでも日常を日に新たに形成するという思いに加えて、

 どうしてももう一度読みたかった本に向かう、という気持ちが出てきている、

 再読、精読ということに、

 まあいろいろなきっかけがあって向かうことになるのですが、

 まあそれはいいとして、大袈裟なことを言っていれば死なないで済むのじゃないかというよく分からない気持ち、気分がある、

 でもよく考えると大袈裟に言うとか言わないとかいうことと、死ぬこととはまるでかかわりがない、

 人が死ぬということには現実感がある、

 現実感があるとはあっけないということで、、

 だから人の口に私がのぼりましたという、話はなにかあっけない部分が少ない、

 どこから湧いてどこに留まってどこに去っていくの、それは、という趣があるのかもしらない、

 

 あいつはああいう奴である、嫌な言葉である、

 しかしいざ自分が人を評する段になると、

 あいつはああいう奴である、というしかないから困るではないか、

 云々、というようなことを小林秀雄か誰かが言っていた、こんな曖昧な記憶だかなんだか分からないものから曖昧に物事を引っ張り出されて小林秀雄もいい迷惑だろうが、確かにそうだな、と思ったことというのはこんな形で長く残る、、

 どんな人、ときかれても困っちまいますよね、

 その人に会うしかない、

 あ、もう一度読みたい本などを選んで読み返していてね、もう一段深く分かりたいと思うから読み返すんだけれども、

 いかに論理的に、抽象的に組み立てられているように見える書物でも、個人の情緒というものが必ず下敷きにあって、

 それをもっと知らなければこの選んだ一冊だけを読んでいてもこの一冊が理解できるようにはならないぞ、という音が既に私の中で鳴っている、

 再読とともに、読む本も増やしていく必要があるなあ、

<1720>「往復する身体」

 あたしが隠れていた、

 その、呼吸の中に、、

 それぞれの解法を委ねて、

 今に来れば、

 今に来れば、、

 私も、それ以上の呼気は知らなくなる、、

 その長い言葉の道行きの数々は知らなくなる、

 どこで何がふかれて、

 どこから何がきこえはじめるのか、

 誰と誰、

 今にほうけて、

 どれも、どれも、知るあてがない、

 

 これでもかというほど行き来していた道があるでしょう、

 なに、通学路など、

 そう、

 これでもかというほど行き来して、

 私は永遠にここを通うんじゃないか、と思うような、

 しかし突然、

 行かなくなる、行き来しなくなるのがとても当たり前なことのように、

 用がなくなれば、ぱたりと通らなくなる、

 また、その最後の日というのもなんとなく分かるね、

 そうですわね、

 でも、その最後の日に私は何の感慨も持っていないように思える、

 ふん、ふん、

 それで、この行き来には、何もない、

 私にとっては全くの零であったのではないか、と思われてくるけれども、

 それからしばらく経つと、

 もうこれでもかというほど行き来してきた道は、

 自分の身体になってしまっている、ことが分かる、

 身体になったものに対しては、

 別れるとか、最後とか、

 そんな関係はとりようはないやね、

 繰り返し歩くということの途方もなさ、なのか、

 なにか、だからまた行って、もう一度歩くとか歩かないとか、

 そんなことは大した違いではない、、

 

 (友人の良さはどこかと訊かれて)

 うん、それはね、もう、世界内の人であるということに尽きるんだ、

 自足している、安定した人、、

 そういう人というのは会うと安心するよね、、

 むろん、私も世界内の人である、と思うんだけど、

 気分がそこから剥がれようとする、というか、、

 最初から接着が上手く行っていないような気がするんだ、

 きっと、この人は、接着とか剥がれるとかいう観念とも無縁だと思う、

 そういう人が友達としていると、安心する、、

 

 やせていく身体に、

 物が多い、、

 それだけのことかもしれないが、

 あなたは往復を繰り返して、皆のところで、また身体になった、

<1719>「まだ起きていません」

 やや遠くに出て、

 あ、それぞれの感覚を、順番に拾って出て来たのだな、

 私は徐々に新しくなっており、

 その横に空気を、

 よく聞き知ったものを集めて、

 空間に、ひとつの手、、

 ひとつの姿に違いないものを、そうして、ゆっくりと置いていました、、

 遠のいていくものに、

 身体を合わせたら、、

 時刻の中で、踊るのが見えました、、

 

 あたしは長い眠りに入っているようなのです、

 あれも眠り、これも眠り、、

 それからどんどん眠り、

 これは鈍いさ、

 あたしは眠っていくなかで書こうとしているのかもしれませんね、

 覚め切ってしまうとどこかさびしいのかもしれません、

 そこでいつまでも、

 全体がとけたなかにいながら、

 このリズムは続くのかもしれませんね、

 どうも知らない時刻に起きて話しているようなのですが、

 それに、何度となく誘われるもの、

 誘いに小さく乗っかっていくもの、、

 はじけ、はじけて、、

 今に泡の身体が出来上がる、、

 

 先はないので、

 今の時点から前のもので、とりあえず、

 物をこしらえてみましょうか、、

 仕事がうしろにある、

 なんとも困ったことのように見えますが、

 決してそうとばかりも言えまい、、

 あ、先に、

 あらかじめのびている線などはないのだけれども、、

 手を静かに進めている、

 ぼあぼあとした空間に、、

 集まり、肌を合わせ、

 ひたいを合わせ、

 一日の芯の中を通う、、

 表情はいつでも頼りないもので、

 どれから目覚めてくるのか分からない、

 どこからどこまでで生きているのか、

 はっきりと知れたものではないのだから、

 

 ああ、薄く覚めて、、

 徐々に日の中に身体が混じるのを、、

 ひとつのさびしさで、知ります、

 あたしは目覚めなければならなかった、

 どこから?

 また眠るのだった、

 また、それは快いのだった、、

 私は起きて、それぞれの方向へ記録を、散らしていた、

 これは眠りの外、

 私が知っている朝の、もうひとつ外、、

<1718>「私には風が来る」

 あたしはそれぞれの肌に、当たり、、

 こまごまとしたことごと、

 私には風が来る、、

 それを、そのままにして、続くのを、、

 きく、きく、、

 は、それか、次々に見えて仕方がない、

 私は列を作って、

 その、あり得る時刻のなかに含まれる、、

 それもそのはず、

 線に乗って、生きてきたのだから、、

 

 私は分かれて、生きる、、

 呼吸もそこらに、散らばる、

 それでも、長く終われない仕組みを作り、

 見事に線の上だから、

 あとで幾度も拾いにくることができ、

 その度に不思議だ、

 ここで生きている、

 呼吸が鳴るところで生きているという感覚が、

 一枚重なるごとに強くなり、

 ここの静けさはなんとも、不思議な空間となってくる、、

 ここに私は声をかけているのだけれども、

 どう揺らごう、どう続こう、、

 それぞれに声は分かれ、

 もののそばにしきりに座り込む人、、

 この、線の滑らかに、疑問を抱き、ふっと一点へ外れることがある、

 ここへ、立ち止まる、、

 立ち止まる個々の点に対する思い、

 私はその響きのおおまかなところは、知っていると言えるはずだ、

 まったく知らない土地で立ち止まり得ること、

 とどまっている、

 私には風が来る、、

 ばらばらと、ありたけの点がそれで、足元に染みて、

 私は線の中に生まれ直す、

 

 表情をしたいくつものものよ、

 私は上手く巻かれた、

 円を描いた、、

 いくつもが要素だった、

 たくわえられた呼吸がここで生きていた、

 過ぎた、

 私は温度の存在を感じるとそれをいつも腹中にしまうよう心掛けたい、、

 一時のことではなく、

 それが、いつまでも忘れられないように、

 ひとりで、この道へ来て、

 それが、響きであとさきへ続くように、、

 裸でなかにあった、

 私はまったく空洞になれる、

 要素が静かに眠っているところに、

 表情を、集めて、過ごしている、

 まったく声の消失、

 まったくのそらで、

 あなたを繰り返す、線を、点を繰り返す、ここで、、

<1717>「関係に鳴る音」

 なに、身体に来るの、

 揺れと、遠くまで、、

 どのみちこれはなまものなので、

 なまものというのは日々揺れています、

 合ったり、逸れたり、、

 そんなことを、続けてゆくのです、、

 そんなことを、さしてゆくのです、

 

 あ、日が出て、

 私はどうだろう、息を、増やしもしなければ、減らしもしなかった、、

 あたしのところへ潜り込んで、身体を渡す、、

 厄介なものを、日々、動かしているという、実感はない、

 それが、しかし、壊れるところまで壊れて、厄介になり、

 道の上へ、足を染ませた、、

 重たく、長い液がおりた、

 この重さは、

 ひとつひとつの呼吸の、軽さと比べて、、

 なんとも不可解ではある、、

 

 知らず知らずのうちに、

 夢を見ていた、、

 まだ、窓の外は暗く、、

 誰もが呼吸だけになっている時刻へ、

 ひとりで立って、、

 私は一日へ還る、夢を見ていた、、

 この、同じ姿勢の、

 別時点にいくつもあることを思うと、、

 ははあ、なまものだな、、

 なまものは無邪気に時間を含む、、

 それも多量に含むと思う、

 

 あたしが道の上を歩いていると、

 会うはずの人に会い、、

 ほ、ほ、

 と短く呼吸をかわす、、

 それで終い、、

 人と人が会うというのはそれで終いなのかもしれない、、

 あたしはせっかくだからと店の中に入り、、

 なにか話を二、三繰り出している空気のなかへいて、、

 音の響きが残るなかへ居る、

 それでここへ居させてもらうことが、可能になっていると思うことがある、、

 であるから、その、現在として絡み合うときに、

 この関係にはどの音が、

 どの強度で鳴っているのだろうかと、

 思うことがある、

 私が、そこで強く弾こうとしてもそれはそのような動きを、そのままにしてくれるものではない、

 関係はなまものですから、、

 初めて会うときから、

 良い音が鳴り続く感触がするのはなんでしょう、、

 私はまだ多分に動物なのかもしれない、、

 そのひと呼吸の、満ち引きで、

 全てが分かるほどにはまだ、

 動物であるのかもしれない、、

<1716>「一点の焦る人」

 そこで静かに余るところの、どうやら、、

 浮かれ騒ぎを追う、、

 時々、この浮かれた波に似たリズムが、、

 続き、

 続きながら、現時点へ、

 明らかに、転がり込もうとしている、、

 そうだな、意識は、点で、

 点からどこまでも、全体を解釈しようとするのが厄介だ、

 私は生きている、

 と、当たり前に確認されることを当たり前に発話する、

 とどこか頼りないところへ出る、

 身体は本気でもなければ、怠惰でもない、、

 ただその時間内では、繰り返し湧くものだと、

 そういうものに過ぎない、

 そういうものと呼吸を同じにすることを、

 静かな余波のなかで考えていた、、

 

 あたしは幅の中で、

 見事に点滅する、、

 存在を知らせるには、2、3の点が、交互に、点いたり消えたりしていればいいわけで、、

 私はなにごとも忘れてしまった、

 というのは、事実に合わないのに、

 何故そういう発話が起こるのかといえば、

 現在時の意識はそのようなものであるから、

 むしろ感覚だけからいえば素直な態度だと言える、

 身体の重みが増すような、

 そんな感覚で、日毎の蓄積を感じられる訳ではない、

 やたらに焦るというのは、

 この現在の一点が全て、感覚的には全てであり、

 ここに何もかも詰め込まなければ、

 となるところから発生してくるのだと思われる、、

 しかし一点、一日というのはそういった類のものではない、という頭の働きも、感覚から遠いがあるにはある、

 

 私はどこで何を探しているのかが分からない、

 というのは、現在時に、一点に素直になれば、感覚すれば、そうだ、

 しかし、私は線の引き方も、知っている、

 線は言う、

 決して今日では終わらないと、

 それを、マイナスの意味で言うんじゃありません、

 今日で全部やろうとしないことが、何よりも肝要なんです、と、

 

 ここで長い時間、点を感じ続けるのが嫌だと思い、

 眠りをひきのばしてしまうようなことがありませんか、、

 それは私にはあります、

 いつでもぼやぼやと、夢の中のような状態で、

 事にあたれたら・・・、

 ん、なにか、半分以上は眠りのなかにいるような、様子で、、

 一家で旅に出たその朝のことが思い出された、

 それは、大きなアイス工場をさし、

 私は夢の中から出てきて、

 機械の均等な働きには、

 眠さが少しも入って来ないのを眺めると、

 それがまた不思議でしょうがなくなるのだった、