<1640>

 あればあるだけの身体を、そこへ挟み、、

 妙に時刻のそばへ寄る、、

 私は、かつての場所で、止まるようにして、ほうけ、、

 長い時間を渡してきていたのだ、

 どこからへもどこからへも身体に含まれるものはあり、、

 さては、と、まったく黙ったところからで、つかまえる、、

 なにやら、揺れているさまざまの、、

 道をあわしている姿、、

 あ、私がかつて渡っていた道だとしたらばどうなのだろう、、

 その向こうに今何が香るのかも、、

 

 幾層分のところへ、そこに軽く、ええ、と思いました、、

 見つめている作業が、、

 そこに込められて、なにだか、なにだか、と、渡ってきて、

 集めて、

 そのなかのものに触っている、、

 私は何だか、これ以上は軽くはあられないものに、触って、

 そのまま流れているような気がしました、、

 そのまま記憶が上手く含まれていくような気がしたんです、、

 現象を、ゆるやかに見つめ、、

 なに、今はここにいるのだから、

 それが、どうしたことがあろうかと、大袈裟に見つめている、、

 含みの、なかにあって、、

 含みの、なかは見えない、、

 そのものに、じっと触れていたところが、、

 ふいに、あるとき、通路になる、

 どこからへもどこからへも、揺れて、、

 今のその方向へ、

 今の、姿で、、含まれていく、、

 その手合いの、、

 そのままの様子で、

 ふいに、会っていることになりました、、

 

 それが、どうかしたことなのか、、

 と、息が僅かに吐かれるところには、、

 私とて、通路が生まれている、

 それを、繰り返しても、やっぱり、知らないような気がする、

 これはえらいことだな、、

 これはどうしたことかな、と思いました、、

 と言い、

 と、そのなかの、成分へ、じかに手をつけているのでした、

 なにやら動きが複数に、、

 いくついくつへも重なり、

 どうしたものか、なにをなしあわせていたか、

 と、

 連続して、そのなかに含まれているような、つもりになるのでした、、

 あ、そのもののなかに、、

 じかに身体を渡して、

 どんなき、複数になって伝わっていくものとしての、

 装いが、、

 今のそこの地点へ、見えている、、

 繰り返し、繰り返しになり、泳ぐ、かくはんする、、

 ただ種々のものが溜まって来たというだけでも、あり、、

 しざまのひとつが、、

 だいぶんに振れているなかで、動き、、

<1639>

 囲うそれぞれの心地が、

 なにに、わたしに、いくらも、いくらも、当たっている、、

 ような、響きの、動き、、

 過ぎたら、過ぎたら、進むものと、きこえて、、

 なにか、囲ってくる、、

 どんなけ響きのこもるものをと、、

 ここへ明らかに渡されて、

 随分と、繋がって、くれていく、、

 あ、その通りに、ふるえているところに、、

 よく、よく、見える、、

 あれと、あらたにと、、見えて、、繋がる、、

 ものものが、ここへ、、

 どうにだってこぼれていく、

 私の、装いの、なかにも、、

 いくぶんか、いくぶんか、そう、、

 

 あ、道理で、このての時刻とともに火照るわけだ、、

 塵も浮く、

 塵も動く、、

 あたしはその姿のなかにまるまる含まれているようだったが、、

 どこから、どこへ、、渡して、進まる、、

 そのてあいの、、行方、、

 もう、ほだま、、揃い、いくつも、浮かび、、

 どうして、あたりまえにさわぐ、、

 塵よ、塵ともなに、ほだま、、

 塵のほだまに、風向く、さわぎを送る、、

 光景がありました、、

 なにといくつの様子をも、含んだ訳ではないのだけれど、、

 ここへ、ここへ、集まって来ました、、

 のよ、、

 と、ひとつぶ、ひとつぶの姿の集まり、、

 今に見えて、、

 今から転げ出るようにして、見えていた、、

 

 そしたらば、その先へ、、浮かんで、、

 身体の立てる仕方、、

 順次そのての勢いを含んでいく仕方に、、

 揺らぎ、あたりあたり、、

 一切を、通過していくところに、、ある、、

 このもののなかを、、行き、

 いちいちで、続いていくようにも、見えた、、

 あれ、なにようのさまをここへ膨らまし、

 全体で、過ごす、、

 そのいくつかのあたりにかむさっています、、

 いろいろとは言え、、

 順次かむさっていくものがここいらへつかまれ、、

 その姿のままで、過ぎていくのですから、、

 いまに、触れて、、それや、そのほかのもの、

 とも知られず、ここへ、ここへ、、

 順次つながってくる、、

 順次そのさまのなかに含まれてくるだろうことを、、

 続けて、続けて、、浮かび、、

 そこのてに触れたままになるのよ、

 いた、置いたまま、やがて、、

 全編が浮かんでくる、、

 その隙間に立っているだろうけれども・・・、

<1638>

 熱を持たない時間の、一端のなかに座っていて、、

 あればあるだけ、しましてきた、身体のはしきれを、

 ここへ、静かに渡すだけ、、

 ここはいつもただ通られているだけの場所、、

 ものを、巡り、、

 ものを、囲んで、

 方向へ、いくついくつをも聞こえる、既に古い身体を持ち、、

 あたしのしざまにあいた隙間、

 ぼうと煙立つ、、

 風の、延長で、今さらながらに吹かれていた、、

 肌は、肌だけ、、

 あたりあって、緩やか、、

 あつまっては、くれて、、

 そこ、のびていくところへ、いくつも届く、、

 渡しの方、過ぎて、、

 ただ一端を、含んだだけの、、

 身体、まともに転がった、

 うたて、

 うたて、まつりにそう、、

 風の一端の、埃にそう、、

 確かなもののゆれ、、

 あたしは含み、笑ってゆれる、、

 静かな線に、乗りながら、、

 笑っているものは、どこかへ揺れている、、

 面と、面と、あらわして、、

 ここいらへ、ほんとうに、おおひらに、、

 紛れて、、そこにあるありかたで、、

 一段と、歩幅、、

 かくかつぎこみ、、

 かく流し込んだ、一切の色味、、

 

 受けているもの、歩幅、線ののび、

 どれからどれ、

 あれらからあれ、まともに長く映す、、

 私は はははとはさまり込んで、

 転回、じたばた、、もののさしざま、、

 長く眺め、ている時刻の、一端で、、

 私は笑むともなく、

 私は笑む、、

 一種の揺らぎ、おとずれがそこいらへ含まれ、、

 とうに過ぎた形をして、、

 ここに来たら、

 あたしは丁寧に含まれたままここへ続いていた、、

 誰彼と、渡す、仕草のうたい、、

 うたい集めて来ていた、、緩みながら、、

 どれを指しているのかも分からなくなった、、

 それからというもの、、

 私は水の一滴に近く、、

 回転に親しい、、

 新しい香が出ていく、往来から、なにから、、

 てりはえる瞬間の印を持って、、

 端が、濡れていながら、、

 徐々に、徐々に迫る、

 私は はばを持ち、ふくらみ、破裂する、、

 時間へ向かって、低速の、液体が、、

 このところのエンドロールとして、、

 ひびいたままになった、垂れていた、、

 指のハで、誰ともなく、、

 そのままの表情で、なにとなく、掬った、、

 ちょっと、含まれていた、、

 いつものような動きのすぐよこに、、これは、

<1637>

 さわぎあって来た、、

 なにと、そこへ集まっているのかは知らずに、、

 どんなけ、の、身体の様子でも、

 集まって、

 ひとところにそのてのものを続ける、、

 はっきりと見えている、

 それにつられて、はっきりと映っている、

 だれだ、かれが、なにを、

 見つめて、、私のなかざまへ揺られていたら、、

 どのようにか、また、身がかたまる、

 かきまして、さわぎあっていたものがまた、ひとところへ、、

 当たり前のように溜まり、、

 当たり前のように身を抱える、、

 

 あたしはそこにぼうと短い揺れを発しながら、

 どこまでも立ち上がっているだけだ、、

 幾度も幾度もの動作の触れるさまにいながら、、

 そこで、たくみに呼吸動作を繰り返しているだけだ、

 そのものの、まにいて、、

 いちどにいちどに上手くあたりこんでくるのは、、

 その姿がなるべくよく映るようにしろ、

 遠くの方へ向かいながら、、

 そこから先へ行くようにしろ、

 と、ひと声掛けていくものらしい、

 それだからいくつもの表面に当たり、

 そのものを見ていろ、、

 あたしが何をか見つめているに過ぎなくも、、

 声は増え、、

 それぞれに、まとまりに、どうんと当たるのだと、、

 そう思えた、、

 だから、、ひとつひとつの立場へそれも知られながら、、

 よい、よいと混ざっていく、、

 混ざっていく音のひとつだにせないのに、、

 からまり、からまり、、

 流れのなかへ、いくつもになって、ひろがる、、

 それだけの姿と言えるところ、、

 なにをかの流れの端、、

 そこに、まんまなかの声、ひと声を、続けていく、、

 

 出来上がったものの、肌に、、

 ようやくついて、、そのさわぎざまも知られていないところ、、

 なにをものをよう、身体の、、

 端で、ひとつの風景に当たり、、

 ひとつの動揺に当たりながら、、

 今に掛かってきているのと、思われる、、

 様子を、そこ、どこに、

 集めて、、まとまりの、感の、ほどいて、、

 ひとつひとつに声を流すところまで、向かう、、

 それは、大層なことにきこえて、、

 いちおんも鳴っていない、

 どれをおもうか、のよ、いくつごととして、過ぎ、

 過ぎ合いながら、、

 あたりまえのようにそこへ並び、、

 風の一端につられて、舞ってしまう、、

 それも、また、遠路になり、そのまま映し、、

 あたらしくそこでほうとひとつの振り方をやれる、、

<1636>

 ある貯えられた揺れ方に、、

 私も、ひとつの姿勢で対処する、、

 どのような、方向線であろうと、

 それは、探れない、、

 どのように、探ろうとしても、あまり、増えてはいられない、、

 なかに、たくさんに、含まれて来ていて、、

 そのまま、過ごす、、

 そのまま、日のなかを過ごすものだ、、

 どのようなあたり、、

 どのような動きざまに、、

 それを、合わせて、私が、ふたつ、

 いくつ、放り上げているかもしらない、、

 その、なかを眺めた、、

 

 あればあり、滑らかに過ぎていた、、

 とてものことで、遠くに聞こえ、

 それから、はじけてしまう、、

 それぞれを、そのそばにまわし、

 いまに、まっすぐに届くものと見えた、、

 あれ、その現象の、まんなかで、

 たくみに揺れているのではないかしら、、

 たくみに揺れ上がっていくのではないかしら、などと、、

 かたちのうちでおもう、、

 存外、、かたちのうえで、ものものを集め、、

 宙に浮く、、

 ただいに、吸われて、宙に、浮いたままになっているのに、

 それを長々と、眺めるだけの、隙間があった、、

 どうやらそこにいたらしい、、

 ありたけの、形を持って、、

 そのなかで、なおもなおも揺れ込んでいるらしいと、、

 つづけるのだった、、

 

 ありえて、日に続いて、

 形を成し、、

 その存在量のなかにいくつもいくつも、、

 あれ、しきりに声を出し、、

 こちら、こちら、と当たってくる、いくつもの、、

 回転の仕方、、

 その方面へふわりと浮かびつけ、

 あたり、あたり、ともに起きあがる、、

 ともにこころよく含まれて、、

 そのなかを騒々しく過ぎる、、

 道を、道を見て、渡って来るのだったが、、

 どうにか、ここをはじらいながら、、

 とてとてと進めるものであるとの言をいいながらね、

 過ぎました、、

 そこらへそこらへ放られてきているものを、、

 僅かにうたいあげながら、

 どうなのか、そのあたりのゆきざまを、、

 私にうごかして、、

 そのままにうごかして、伝えてきているようだと、、

 知らせて、知らせて、、

 じわじわとそのなかで声のありかたに、かかわってくるようになれば、いいな、、

 ものを探る姿で、

 そこに、絡まってくると、良いのだったな、と、おもう、、

<1635>

 線がいくつもに流れて、

 どこへそう、渡る、、

 私は、複数のものに 声を、渡すかたわら、、

 そこらへ、ずる、ずるとのびてゆくのを、見た、、

 あれ、いくつものものに流れていくのを、見た、

 から、ふたつのもの、

 線を繋ぎ、そこの、明らかなところへ、、

 じりじりと潜り始めているのが感じられるようだった、、

 あ、浮かぶ、、

 どうにも、しれない、方向へ、動く、、

 ものが、、あたって、

 僅かばかりの姿とも言われるものが、、

 

 混ざり、あたって、、

 あれ、どこへも、、膨らんで・・・、

 いくらも伝って来るところへ、声を、当てましょう、、

 そのしざましざま、、

 よろしく、風景の端に立って、、

 違いざま、

 もう、まったく含み含まれてゆく、

 流れに、乗ったな、乗った、、

 しれない、複数の角度が、

 差している、差している、わたしに、、

 どうにもこれはわたってきているようだ、、

 わたってきたものの細かな揺れに合わせているようだ、、

 なにという時間を、だろう、、

 それぞれのしぐさの、、

 ひととおりあらたまって、過ぎ得る、、

 あ、いたな、いたんだ、

 ふればふればあらわれ、、

 過度にしろ、あらわれ、

 いくつもの感触へ分かれてゆくところ、、

 いくつもの方面へ身体を掛けてゆくところ、

 

 のう、よい、

 のう、のう・・・、、

 きっと初めに含まれたものの響きはここまで均等に来ていて、、

 のう、、あつまる、、

 それにつれても、あつまる、、

 どれほどのものが、あたるだろう、、

 と、おもえた、、

 それぞれに含まれている、姿の、、

 手合い、

 手合いのなか、に含まれた身体、、

 私はごうと鳴っている、、

 抱えたものをなにとなしにぶらりとさげて、、

 ごうと鳴る、、

 あれ、それのしかたによって、、

 見えるものもなにも変わるのだけれども、、

 どうだか、、

 それぞれに、くれて、、

 あつまるのだか、なにだか、、

 そこへ、渡しているものなども、

 あって、器にしろ、はっきり見えている、、

 そこへ徐々に徐々に垂れていく・・・、

<1634>

 あなたの装いのなかにそれとなく含まれてゆく類の、、

 どれ、を見ていても、、

 今のようなはげしい沈黙に出合うこともない、

 それで、そのまま道の、中央の位置に、、

 出てきて、映る、、

 それもそれとなく透明に、

 おのおので、方向をはかり、、

 ずらずらと、続いていく、

 

 あ、あたしの手も含まれ、、

 先へ、先へ、、

 見られた、そのものの姿で、、

 ここへ、同じ呼吸で、入っていくのが見えるのだけれども、

 なにか、として響けば、それは伝い、、

 重なって、各方向を言う、、

 それは、固い結び目の、

 なかでも、まああって、、

 自由に、呼吸なり、がのびてゆくとしたり、、

 それらしい、動きも、含まれていく、

 

 随分と、一致してきた、、

 たっとい肌だ、

 たっといリズムのうちだった、、

 そんなもの、なにもそんなもの、ときかれて、、

 探りつ、探りつ、、行く、

 あ、てまえのふところを掴み、、

 さぐりつ、さぐりつ、、行く、

 声が一段と層の分厚さへ、

 方向を持って、生まれてくるもの、、

 に、ひと続き、ふた続きもの、

 呼吸から成る、声を当てていた、、

 そこらから光り、

 そこらから分かれて出てくる、、

 

 あいだの、呼吸と、どうも、、

 響きが、似通って、来て、いて、、

 徐々に徐々に含まれた、

 数えることもかなわないほどに多量の、

 響きが来て、まともに立ちつけている、、

 それらの、勢いの、、ままで近付くさまを、、

 実験者、の心持ちで、、

 

 何事も、材料を持ち、、

 複数の身体でもって、組み合ってゆく、、

 姿勢の、

 徐々に、徐々に、実験者じみてくるところ、、

 それらの、正面に、、

 いくつもの身体線をいれこんでいく、

 なにを、なにをと方向を、

 探りつ、さぐりつ、、

 あたしはその肌のまぎわまで来て、、

 にぶくなった声の線の、僅かな膨らみのなかにはいる、、

 年月、日、の向こうから、、

 実験者の視線、それと声の波が重なって、、

 諸方へ、諸方へ、

 あたしの歩の先へ幾度も紛れてくるようにおもう、、