<1288>

 日、と文字、

 に、また、 いちもんじを差しました、

 その、あまり、簡明とも思える独話の、、

 姿の、なかえ、

 身体を、覆い、

 姿のなかえ無時間に進む、

 

 ほう、なんと、

 日と、 文字のなかの微笑み、

 私は気がついたら歩いていました、

 どんな時間も知らず、

 あの、加えられた線、

 

 そうして、生まれたら音声をなせ、

 私はまず振動としてこの子を知った、

 伝わってくる波としてこの子を見たんだ、、

 と順番に言われるように、

 まどろむと同時に言葉が開始しているように、

 あなたの一切の空間へ身体を払い音声をなせ、

 じっと見る、 を、 知らない前から、

 あなたがそうして身体を探り当てようとしている、、

 探り当てようとして身振りは休まない、

 もう、 放り出して、

 まったく声のなかえ黙っておりていってしまう、

 

 時日の大半は私に驚くべき月日を足していった、

 この平穏な声のうちがわにいるのは何故なんだ、

 誰の発話がこうまで響いているのか、

 誰なんだ、、

 私が黙って置いている歩は、、

 それで風に置かれて、

 まったく想定せない動きのなかえ、、

 ちょっと、遠くの方で、わたしに似た声が、

 それからはもう、

 それからはもうひといきが鮮明だ、

 

 ・・・

 、最初の波の、、

 揺れをまだ、憶えていることで、、

 また、生きている、

 この揺れはまだもっと一番遠いような気がしている、

 うん、、

 あった、まだ、身体のなかにあった、

 わたしは多分この揺れのなかで何度も洗われているのだと思うが、

 そう思うのも常ではない、

 だってそうでしょう、

 まったく、まったく遠いから、

 例えば、今、立っている、、

 今立っていることが、途方もない響きの先端ではなく、

 まったく内奥の、

 中心の響きであるとしか思われないようだと、

 今立っていると感じる、

 そのことが日常的であったら、、

 わたしは響きを受けすぎるでしょう、

 その感じ方が日常であったとしたならば、

<1287>

 この場で、遊は、なんだろう、

 遊は内側に上手く身体を折り畳んだのだろうか、

 さあ、

 非常な、膜の中に上手く身体を滑り込ませて、

 しかし、それが、奥へ、奥へなろうと、すればするほど、

 遊は、遊で、ひらいてきて、 、た

 、 、そこには時間がない、

 あなたが膜から抜け出た時間というものはどこにも見つからない、

 

 それは、泳いだのだろうか、

 膜すら、泳いだのだろうか、

 うん、きっとそうではない、

 身体に非常な音景色が与えられ、

 あなたは文字を拡大する、

 それは一滴の操作、

 呼応とはそういうものだ、

 

 波、波のかたち、揺るぎハ、遊へ、一切、遊へ、無場所の遊目掛けてく、

 そこではどんな音景色も混ざってしまう、、

 遊は、困惑ト、それから上手くうちとけているのだろうか、、

 こう、確定した物言いが利かない、

 ちょっときこえない、

 あれはあれ自身乱れることがなく、とても無場所だから、

 とても無量だから・・・

 

 そうしてあなたが一切の皮膚の内側に手を添えて、、

 全く働きかけているときの、、

 こわいろ、

 それは一度きり響き伝わったもの、

 しかし何度も何度も寄せ返してくるような心持ちで、

 あたしは外側なのかどうかも分からなくなり、受けていた、

 あたしは、遊の、こわいろの内側へ、すっ、、す、、 と滑ってゆき ちょっと時間のなさへ驚くような感じを持った、、

 独話は続く、いや、響きが続いていたと言った方がよいのかもしれない、、

 うん、、そうだ、

 

 そうしてわたしがこわいろのなかに遊を混ぜ込ませて微量な音景色の変化を受けるとき、、

 身体は無量の時間と同じ身振りになっていた、

 そうしてあなたのタッチが響き、きていた、

 もののなかにべたり、、ト、もう、つく、、

 それで、発話は妙に幾方向かを包んで出している、

 誰かがこの言葉の枠内に遊を、 ただの無場所を見出して、少しく身をよじらせるが、、

 遊は、時間を持っていないから、もう、膜なんぞ訳の分からないものを障壁と思わずに、

 そっと内側に手を添えている、、

 

 そうして声が長く続く、、

 いまや潜んでしまっている、ようにしか見えないものを、、

 そうっと見ていて、

 やや、

 あれは私と少しくかかわりのあるものだ、

 遊だ、無場所だ、、とこう思う・・・

<1286>

 ひとりでに温度を持つ嬉しさに身体が騒ぐこと、

 あるとき線はねじれた、

 リズムも、

 そうして、 四方に伸びた、、

 一体この覚知の 外に溢れてものごついうごき、

 日一日とあらたになるうごき、

 それは何だろう、

 

 それは私が生まれたままぽかんとしていることだ、

 はい、

 そうだ、点は、 ここえ落ちたんだ、

 そうしてずっと、何かが残っている、

 何かが、残っているのを、、見つめる目は、

 私の、残存物は、私は、知らないが、、

 今あなたの眼を通して少しく分かるような、

 ええ、いや、、

 途方もないので、ただそのまま放り出されていることの、その、不可解と、じっさい危うい、怪しい、なぜ、ただに光っているもの、いつから、ただ時間が経って、 今眼に出合う、私は、残存物を、 よく知らないで、しかし、あなたを通してなら、、

 ほぉ・・・、

 ・・・、

 少し 時刻が入れ混じったようだ、、

 少し振れる、

 今もまだ 生まれたときの振れを引きずってきている、

 引っ張られてきている、、

 

 私は生まれたから呼吸をせん、ト、

 ひとり立っている、、

 妙な、 違う仕草が、

 だんだんにだんだんに、 空気と一緒にはいってくれる、

 いつとも知れぬ時刻から流れてきたろうことがはいってくれる、

 そこえ、出合っていた、、

 身体の時刻の方が長いことえ、 また振れていた、

 どう、

 ・・・、

 

 短い時日は、わたしの身振りの動機になっている、、

 それが立てる音、、

 響きにただ身体をつからせていると言ってもいい、、

 その、音、

 憧れた嬉しさ、

 ええ、

 

 ト、月日は、

 剥がれて、 もう模様の、

 私がぱっとそれをひらいたとき分かるだろうか、

 あなたとのそれはどの程度同じだろう、、

 レター、

 あの時日に生きていた空気に触りたい、

 かつての模様え、

 あまりに駆けていてよく分からなかったかつての模様え、

 新しい月日がはいってくる、、

 それで、戸惑いはどちらが見せるのか、

 沈黙しながらまたゆっくり始まっていった・・・

<1285>

 多量な朝にひらいた、、

 もう、もう、、 どっと、

 それは朝に、、

 色といっても限られていて、、

 特別、染めるものも多量ではないなかなのだ、

 だが、多量にひらいている、

 そこへいている、

 

 おのおのは、粒で、 きっと回転をし・・・ている、

 これが朝であることを人々が知るまえから、、

 身体が どんどんと盛り上がってきていて、

 変わらず、静かで、

 内的に光のはいる、、

 きっと所作と言えるかどうか、、 もう、全面的な光のあたりかたで、、

 当たり前の話法を蓄え、内側に展開する、

 それが、、

 ひとつ、受けているのか、迎えて、生起するところ、、

 

 生起するところにさ、す光、

 今はもう身体、今はもう巡っている、、

 巡ったものがまた全面的な朝にさらされてひとつの交通を緩やかに行うこと、

 はい、、

 飛び跳ねるだけのエネルギが全く無言で輪を描く、

 なにか、

 回転をしている目は穴より穴だと思う、

 僅かな音がする、

 さ、あ、

 

 ひといきずつの私、

 ひといきずつの多量な、 または無言、

 それを見て、、

 身体が生起したこと、

 渦を巻くような音がすれば、私も、 全面的な光のさ、しかたもまったく回転であるということに、

 (生起してしまった)、、

 常に、無言の渦は、飛び跳ねるだけのエネルギを持って、あれ、方向を持とうとするのだから、

 中心線が戸惑いであることに無理がない、

 無理もない、

 

 その眩暈のネが随所に重なりあってアンマリ静かだと錯覚すること、

 歩行がまた馴染む、

 次から次へ取り込まれては捨てられる、いや、身体から振り離されてゆくのを、

 また存分に鳴るというのを、

 あれ、鳴ったものはどこへ行ったというのだろう、、

 それはもう線的な振るえ、

 線的な拍子に、

 私はそれは輪郭をなぞるひとつの溝を作る身振りになっていると思った、

 溝だけで鳴るのだもの、

 朝にいて、

 溝がまた別角度から照られる、音が音が微妙に変わっている・・・、

 

 

<1284>

 きっと大仰な回転はイメイジ出来ないだろう、、

 そこの小さな騒ぎを、、

 

 どこかへ浸透させようと長い長い線を引っ張り出してきておもいきりふるわせていると無音の溝が身体のなかに出来上がる、、

 まったく無音になった跡を眺める目、、

 跡は無音だ、、

 ときどき、そこえ、無音の直線(や曲線)が走りいくらか回転する、、

 溝は動きの始点から終点までをずっと収めている、

 それは鳴る、 ただし無音だ、

 

 数多手が混ざりまったく彫琢、

 削り取られ、

 断面が立てる音(ただし無音だ)に惹かれてゆく、、

 惹かれたままの作業、、

 ちょっと職人やそうでないものまで、

 一時期ぽぉ、、っとする始末、

 それでもひとつの像、 イメイジは動いていて、

 また手も動いている、

 こんなに巧みに混ざることがあるのか、、

 入り、乱れ?、、いや、 しかし、整理をつけているようでもないのだが、

 それは常に削り取られ、

 くっきりと、イメイジ、、

 しかし、解散がない、

 休憩の代わりに、ぽぉ、、っとしている、、

 それでこれは同じ像であると考えたりそうではないと考えたり、

 雑多なものが、

 入り、乱れ? いや、しかし、整然としたものでもない、、

 なにか、、

 

 私は問いをぼんやりしたところえ向けている、、

 身体というものにもし中心があるとすればそれは混乱しているのだと思う、

 それはずっと混乱しているのだと、

 じゅうぶんに満ちてきて、こんなところにも線は伸びるんじゃないかしら?

 や、疑問のまえからあらぬ方向へ、それは、伸び、ただ訳も分からず、

 訳が分からないという考えが及ぶより先へ、

 ずっといっていて、

 混乱しているだろうと思う、

 

 そうして、はっきりとした跡を示しぼんやり伸びたままになっている線にまた乗りたいとおもうところ、

 縦横に 張られなんとなくこいつの身体が分かること、

 どうだろう、、

 しかし跡だけを残し、

 時日の大半は、削られ、 どこか線以外のところえ、音もなく流れていく、

 であり、 また豊富な時日、 それはまた今日、

 今日はまたそれから線である、

 線になり、その上を走るものにイメイジを送り、

 もうそれですっと黙っている・・・、

<1283>

 少しだけ声の背面を覗き込んだのじゃない?

 どう、、

 知らず、混ざるのを、 ゆっくり見てたじゃん、、

 ほら、 ほら、

 

 いや、どうも、、

 言葉が声の背面に引っ掛かって少し漏れたようで、

 それをきいて、少し跳ねたよ、

 そんなこと(ソナイナコト?)がめまえにあるとは思わなんだもの、

 どう、どう、、

 あんまり不意に、それで丁寧に響くから、

 おどろいた、、

 次へ、 次から、次へ、、

 また、 改まった所作から、、

 穴がひらいて、、

 水に湿った言葉が、そう、ね、そうと通過する、

 んだもの、(んだ、んだ)、

 

 私が少し水を持ち上げて待っていたら見事に絡まりついてちょっと色が変わる様子を見ているようよ、

 あら、あら、

 これはもう、ひとつぶだと思って、構えてもいないからどんどんどんどん(どんどん)波がひろがって、、

 ・・・それで、あなたの声の全体が映るの、

 そこで、時間もなにも変わっちゃった、 (びっくりしたあ)

 私の方の身体が、所作がだんだんにつぶになってざっと駆けたわ(ソナイナコトモアルモノネェ・・・)、

 

 それを機になんの言い訳もなくすっとあなたの横にいてるところなどを見ると、、

 あれ、 まだ、 背面の音声がどこへやらこぼれ続けてこの人の身体のなかに響き続けているのかも分からない、、

 などと、

 短い時間で想っている、、

 あなたが閉じるように見えて、、

 そのまままをおかずに私のそば、でない、

 もう背後にまで手が刺さっていると、

 この往来には 時間というものがまるでない、

 と、響きながらおもっている、、

 

 ちょっと、 ぼうっとする必要がありそうだ、、

 ね、、

 どこへやら垂れ下がり 引っかかったものに水を、、

 それが裏側にでもはりつき、

 ちょっと振動してくれたら、、

 ・・・、

 あれ、  もうあとニサンコトはいらなくなりそうだ、、

 その内側の ひだの揺らぎまで伝わってしまったあとでは、、

 そう、そ、ねェ、

 あとはただ 中心から両端へほうけたいきおいが伝わる、

 身体は何、

 今、身体は何、、

 もう声というか嘆じ、

 身体が嘆じているよね、、

 どう、そ、そら、

 ちょっと  よく動いてる・・・

 

<1282>

 うまく身体がよ、 瞬間、、

 間遠も、なにも、刻まれたさ、、

 そして、行き来だねエ、

 それはもう振幅、振幅、、振幅、

 時節に幅があって、

 よく見、 くぐるよ、くぐる、そう、くぐると、

 染みと 染みの線の先端に立っている、、

 

 私はもうずっとここに立っているのかもしらない、

 うまく巻き起こっているもの、それは僅かな震動でも、

 あたしを運んで、、

 それは、それで、糸、 まったくきれいに陽が射している 

 (好きな角度だな)、

 そんなんにいつも見惚れて、全く粒という粒がおんなじ集中を持つときの、

 あれこれはいったい時節にいくつ訪れるだろうな、

 という感覚、

 それをどこかアいたところえ浮かばせておく、、

 

 その空気を縦横に、

 それは繰り返し、繰り返しくぐりますよ、

 として、身振り、、

 あちこちに絵の具がびっしりとつき、もう染み込んで、身体との違いが分からないところえ、

 どんと新しい時節、

 それは、それとして、交歓、

 まったく交歓があり、、

 こんないっぴがあること、、

 まったく縁遠い月日を乗せてきた、

 (あァあァ 今日のはとことん見ない風が吹くようだね)、

 

 どうだろうか、ト、

 しばらく取らなかった身体の形をふいに取ったらしい、

 それは、距離がなくて、

 あんまり、 目の前、まんまえなので、

 これで私は どこに立っているのだろう、 ただまったく新しいいっぴにだけ立っていると言い張るつもりなのだろうか、、

 と、いう気持ちが起こる、

 思い思いのほーえ、

 辿る意識と、

 ははあ、

 

 前後、前後に、、

 その時々の雰囲気が鳴ると、、

 もう駆けよって、

 (そんなにはやく駆けていかなくったって、ト思いながらどうしたって微笑みますよね)、

 あとはそのままざわざわとなる音響のなかに身を任せている、

 ようです、、

 もうここえ殺到したってうまくかむりの振り方でそれをいっぴに混ぜてゆく仕方を知っていますから、

 ねエ、、

 遠くに来ているでしょうか、(ねエ、、)

 どこか、ここはずっとおなじ身体を見ているのに、

 ちょっと呼んでも、

 すぐもう顔の近くなのに