<1889>「内振、外振、胎」

 私が糸を引いてその丸みのなかへ、、

 はあ、これはなにかが掛かっているのかも分からないね、、

 ずっとこの辺りを探ります、

 複雑な響きなどをそこにいくつも貰い、、

 そのままに絡まって来る、

 あれこの絡み方でどこまでも来るね、

 なにごとだとそこでひとりでさわぎながら、、

 あああらわれたあらわれた、

 いま肌にあらわれた、

 かたまりを見ながら、、

 そのかたまりに静かに身体をつけながら、、

 幾度も生まれる、

 幾度も揉み込まれて生まれる、、

 あたしが放たれ、

 どこまでも線をかけ、、

 いやあ なにここまで揺らいでくるものごとに、、

 静かに身体をつけていたと思うと・・・

 

 ひとつひとつがほどけて、、

 ああ、あらためて集合だったのだとひとり独りつぶやく、、

 あれこの震動に続いて、、

 ただかたまりとして生まれて出てきたのだった、、

 うごめいて、

 様子があたりまえにここの物事へ散らばる、、

 どこから熱、

 どこから放恣、、

 どこから回路、

 どこから宇宙を作り、、

 どこで熱を出して揺らいでいるのか、、

 私には見当もつかないのだが、

 どこから晴れて、

 どこかへ去り、、印象をここにつけて、、

 あたらしい傷のなかで生きてくる、

 ああ、あなたが話していた、

 その場所に来て、、

 私は驚いている・・・

 

 時々のその勢いが、、

 ここへ彫り込まれて、

 今に肌の上へ、ずら、ずら、と並んだ、

 辺りが暗くなったとき、

 道をひとつ、ふたつ、、奥へ入れ、、

 そこでは誰もが声を潜めている、、

 私はここの声ではないというフリをしている、、

 さあついてきなさい、、

 あなたは沈黙して、

 新しい印を受ける、、

 人から僅かに外に出たよ、、

 こんなものが出たよ、

 あなたが、熱だから、すごく、

 とても、熱だから、、

 こんなものが増えたよ、、

 そのまま、まっすぐに入ってきてくださいよ、、

 あたしは種を手に持って、、

 また角をひとつ、ふたつ、、逸れる、、

 さわぎのなかに帰って来、言葉を、仕草を、つげる・・・

<1888>「油的な生まれ」

 色をそのなかに隠しているものとしてそこに、

 ただいま、ただいまさらながらに見えていて、、

 ゆるやかに、わたくしの方向へ、、

 方々から連なって、

 はっきりとあらわれている、、

 はっきりとその印を、、

 今にその領域を見留めて、、

 私に連なっているもの、、

 はなれてはなれて、

 当然のように響きが渡って来い、

 当然のように生きて来い、、

 静かなジのなかに沈んだ、

 ゆるく、油、、私は繋がる、、

 私はここへあたりまえに転げている、

 つないだら手などある、ここへある、

 あるぞあるぞ、、

 私は芯から震える、、

 

 今にその感得を、、

 ゆるやかなのびを、

 垂らせ、垂らせ、、濡れた人、、

 どこまでも浸透する人、

 さわげさわげ、、

 あたしは切断的なのか、

 という、疑いとともに、えい、、

 そのままで端に出てさわれ、、

 剥がれた面の様子から、、

 私は入る、

 私はその正面に静かにはいる、、

 どこを見つめているのだろうか、

 はたして私には分かられない、、

 なにをか分かれない、

 どうだ、はげしく湧き合わせながら、、

 お前がそのはてに見えている、

 見えているもののままにはいれ、

 私は溶けるから、、

 冷たい硬さ、、

 あなたがさわって静かにはてまで引こうと考えるような、、

 その垂れた形がここにあるから、、

 くだれくだれ、、

 いまのからだのさわぎのきわに、

 ふれて、

 あなたの声を用意しろ、

 あなたの泡を用意しろよ、、

 

 もうその泡が骨まで辿って、、

 私はどこまでがその波をこうむったものなのか、、

 分からなくなるところまで来ようよ、、

 なあ、そう歌おうよ、

 あたしは肌から裂けて裂けて、、

 まともにその道を辿るよ、、

 私は増えて増えて、、

 いまに流れながらうたうよ、ほらほら、、

 そこで液を垂らして、、

 ほうけた表情を見せていてくれるものに、、

 静かに入りましょうよ、ほらほら、ほら・・・

<1887>「増殖する日の液」

 なにかと照り、ただそれを眺め、、

 私は見ているけれど、、

 不安また不安、

 一体この重なりはどこかしら、、

 私は数えるけれど、

 何も知らないままでいた、、

 風景をこうむる、、

 どこからのびてきたのだ、あ、、

 今につらなる、

 つらなってもう相当大きな声など、、

 ここへ続く人には見えている、、

 あら、あら、私は、

 印を持ち、いくつも連なり、、

 ここに見えているけれど、

 増殖して、、

 一切その音を立てないで、、

 ここまで増殖してくるものなのだろうか、、

 それに、僅かに、おそれている、、

 

 生きていることは止まず、、

 私はより節がちになってくるのに、、

 逆にそこへ満ちて残されるものはなにだ、、

 ひとつひとつの液の辿りを見せるもの、

 そこへ凝縮されているもの、

 次々に来て、次々に生きていると見えるもの、、

 あたしは透明な場所に静かに手を出した、

 そこからちぎれ、はらわれて、、

 様子をそこにあらわし続けるもの、

 とそこに知られ、、

 はたして底へ垂れろ、、

 あたしは旋回して、

 まともに皮膚のただなかへ入ってゆくのだけれども、、

 こちらの様子を、

 あたりまえにそこに見ろ、と思うものが、、

 ひとつ私の中にはあった、、

 手のなかへ混じり、あたたかい、、

 あまりあたたかいので、、

 もうそこで生きているものは増殖、増殖の一途をたどるとおもわれる、

 私は歓喜だか恐怖だかが分からないまま、

 このあたりに立って、、

 知れた行方を眺めさせてもらっています、、

 誰だこの、増殖するものは、

 

 ひと日のなかにそのぬくんだ手を入れることにより、、

 私は身体のところどころが盛り上がり、

 これは、はしゃぎようのないことだぞ、

 どこからどこへ線を引っ張って良いものか、分からないものだぞ、

 という感を、深くした、、

 皮膚からはじけて、、

 ひどくあたりまえな地面に散る、、

 その様子が今あたしのところへ映っているので、、

 どうも、くら、くらとして、、

 たまらないようなものをここへ、いくつも持ち合わせているのだな、

 ということなどが、静かに知れる、、

 あたしは液へ来た、

 妙にあたたかかった・・・

<1886>「彼方の眼の欲」

 ここへしびれて出てきた、、

 あたしはさんざ、かたまって、、

 そのまま、あちらこちらへ散らばりもし、

 行方を追う、、

 ただ立ち尽くして見ている人々、、

 そうだ、静かな液、、

 湯気になって次々に立ち上がる、、

 どこだ、

 揺らぎながら手を見ていて、、

 あたしは少し迷っている、

 どこから出たものなのか、、

 ただ肌では確かめようもなくなってくると、、

 ここへ潜る、、

 

 尋常その端の、、

 いちいちが触れて、

 いちいちが漏れていくのをじっと見つめていた、、

 世界と世界として会わなければならない、

 響きは似ていないのに、

 出ているうちに同化する、、

 あなたは火を見つめているだけのつもりかもしれない、、

 しかしあなたは業火だった、、

 静かに、

 力むことなく、、

 どこまでもこの場所に一歩を置こうとしている、、

 その一歩は石をとかしている、、

 やれやれやれ、、

 あなたは垂れた、、

 それから鈍重なスピードで、そこここへ、渡って来るのだから、

 私は息を吸う、、

 どれ、どれ、どれ、、

 はっきり見えていることがここまで不思議になるものだろうか、、

 様子が増えて、、

 あたしの方へ手などを寄越してくるのでしょうか、、

 ははははは、、

 その垂れた姿は地面に移りますよ、、

 どこからどことも言わず、、

 

 私は落ち着いていると思っている、、

 しかしこの欲深さは落ち着きと呼べる類のものではないのかもしらん、、

 どこからどこへゆくのか、、

 沈むのか、、

 彼方の眼は、、

 なにを移してそこに据わっている、、

 えいか、何か、、

 私はぼうぼうという静かな音を立てながら、、

 ここの塵、埃のなかに混ざっているだけです、

 はは、ははは、

 揺れて揺れて揺れて、、

 今その不安な表情を小さく区切り、火にかけた、、

 私は、燃えた、、

 ところと ところが混ざり、、

 心象風景は、

 そのまま大きく呑み込まれる、、

 その黒い穴の様子をじっと見詰めているもの・・・

<1885>「曇りの日の待機」

 あたしが派手な様子で出てくる、

 なに、その金やら銀の、

 光の中で、

 いとも簡単に眠る、

 眠る、眠る、人は続く、

 私はここで増えている、、

 いとも簡単に増えている、

 そう、独自の腕をここにふれながら、、

 私は流れる、、

 過去からの堆積、

 過去からの響きの重なり、、

 わたしはそれをまとい、

 まといにつきあげられ、

 それへ、それへ、散じる、、

 あたしは口をひらきその残りの煙をくまなく吸う、、

 生きてきて、それを吸う、、

 身体が崩れて、

 その下方へあいてくるもの、、

 

 私は垂れているだけだから、、

 軽さを少しだけ保ち、、

 地面にへばりついて、

 時折跳ねているだけだから、、

 メッセージ、

 ひとつの冷たい風の流れ、、

 はなやぐ音、

 驚きにはじける笑い声、、

 私は回転するから、

 それは天と、香りで、、

 満艦、

 満ちて満ちて満ちて、垂れて、、

 私は試みにそこへ舌をつける、

 生き物だ、

 あなたは生き物ですね、、

 私が始終へばりついている、、

 なにやらごつい堆積の、、

 生き物に手を置いていたんだ、、

 温度がまるまる移ってくる、

 歓喜して、でも静か、、

 私はどこまでも静か、

 私はどこまでも不安げな渡り、、

 

 水から肌、

 肌から物事の端緒、、

 端緒から私の舌まで、

 どぎついカラアの、、

 ものごついかたまり、

 そのなかで満ちていくつも破裂を含む、、

 垂れる、次に垂れる、

 時間を静かに待っている、、

 緩やかに、本当に、

 本当に、、

 生きている音がきこえないぐらいに、、

 あなたは待っている、、

 私は回転する、、

 過去、の時日、堆積、、揺れ込み、、皆が待っている・・・

<1884>「花と変化」

 現時はこのようにかなりあけらかんとして、、

 そのままここに渦を解き、巻き、、

 しごくあたりまえに存する、

 なにか花か、、

 あたしはこれが、あまりに重さがないことに対して、、

 ちょっとおかしいようだと言いたい気がする、、

 花の横に並んだ、、

 あなたと私とは、あまりにあたりまえの身体過ぎる、、

 そうは思いませんか、

 あまりにひとりの人としてあり過ぎる、、

 ここにはなにの不思議もない、

 そう考えると、、

 これはどこまでも分からないことになりはしませんか、、

 

 あたしはもののなかにはいり、、

 じっとそこであなたの響きの一切を受けている、、

 白い、揺らぎとて、

 なにも、そこに、、

 見え隠れする、、

 あたしはさらになってそこから無音でのびていった、、

 身体から放られて、、

 真白の意識で、、

 積み重なった構造物の中心で、、

 生きている、

 あの、真昼の、、

 風が通り、、

 静かに抜けて、、

 地球表面上に浮かんでいると思われる時間、、

 傍らに誰かいても、

 誰かがいなくても、、

 私は姿形が全て上手く行く、、

 調子にのることなく、

 上手く行くものだと感じる、、

 そのような響きを受けて、

 今もののなかにいる、、

 私はこの人と話したいことがなにもないな、

 と思って、

 笑ってしまった、、

 ちょっとひとりで歩いてくるといったときのうれしさ、、

 反対に、、

 何か話さなければと感じることのないまま、

 過ぎることの出来る人たちと時間、、

 あの人たちは誰なのだろうか、

 どうしてなにの抵抗もなく流れていけるのだろうか、、

 分からない、、

 

 私は現実平面も想像域も含め、

 希望などということを持ち出だすのには違和感を覚える、、

 それはなにか真実味がない、、

 それよりも、懐かしさや、

 各所で停滞せざるを得なかったものが、、

 あるここでは ただ さらさらと流れるなどの、、

 あるあたりまえの変化、、

 ここにいる私に起こるあたりまえの変化の方にこそ、、

 生きている心地の良さを見る、、

 静かな夢があったら私はそこで安心して眠ることが出来る・・・

<1883>「眠る火の身体」

 あたしが転がり、、

 姿もなにかと音を立てて、、

 さて、置いてきたものを、それぞれ浮かべてみる、、

 もしかすると、

 触れることがかなわなかったことばかりに、

 触れてこられたのではなかろうか、

 という気がする、

 そこから爆発して、あなたにまともにきこえ、、

 姿などがそこにあり得、

 姿などがとけて、、

 ひとつの溶岩に、

 ひとつの温度に、、

 現実を越えた熱のありかたに、、

 私は、ただ黙って立っているしかない、

 ひとつのアクロバティック、、

 さわざわとする身体、

 

 出来もしないことを言っているのはおさえられた状態からアクロバティックに復活するために必要とされるのであって、

 その人もそれが出来やしないことなどは分かっている場合などが多いのではないでしょうか、

 と考え始めた、、

 私には時間の無さも、時間の余りもあり、、

 その空間で物事が回転すること、、

 火や光で照らされる場合と、

 そうではない場合とで、、

 ものごとの生き方は変わってしまう、、

 それぞれの人が、くたびれて、

 あるいは恐怖で、、

 微妙に高揚して、、

 ここで眠りにつき、、

 あ、なにか、周りのほとんどの人が、停止している、、

 それは当たり前のことで、

 ちょっとそれでも異様なことのように思えた、、

 ひとが、当たり前に寝ている時間に、、

 外を歩くことがあり、

 なにか奇妙だ、

 私は家を求めて歩いている、、

 同じようにやすむ必要がある、

 しかしこのからの道は嬉しい、、

 

 私の印にも火がついた、、

 次々に燃え移り、

 あたりまえに静かな人々は、

 それを見守る、、

 私は自らの火を説明する、、

 どこまでもはてしがないように見える空間に、、

 そこだけ光の輪郭を持たせて、

 私は説明する、、

 なにか、ひとつくらい、さわぎのなかに、

 そのままとけて、、

 まだ熱い黒いかたまりが、、

 私の視野を驚かす、、

 だらだらだら、

 きこえた、、

 ごうと言い静まるものの姿形がまっすぐにきこえた・・・