<1354>

 入/切、 の仕草からどろ、どろ、どろ、(トタレ)と垂れる、

 あたしはもう開始の明確な点の前から開始していて明確に止まりがない‐どこに設けるかということでもない、、

 ただ粘の態度がなにものにも先んじる、、

 日をそのなかへ含み、、

 いちおう、なにか、、線の定まる、覚ますような声を、同じようにして、持っている、、

 歩みが粘性を上手くつくりあげてくれようだろうか、

 

 ・・・と始まる、

 始まっている、、

 あたしがまだ覚めた声に通過されていることをぼうっと考えていたと言うのに、

 もう始まっている、、

 どんなにか、そうか、上手く点を付けるため、

 場面をふたつ、前後に分けるための合図をひっつようとしたんだ、、

 その前後で前後もなし戸惑っていた、、

 私には生活空間があるだけですよねえいや、

 それはどうだろう、

 

 それはどんな声を要求するだろう、、

 あたしは前から通して後に響かせているのだろうか、、

 だろうか、、

 ひとの目線に対して上手く距離でなくなろうとしたろうか、

 身体だけが小さく崩れてゆくさまを白昼にお届け出来たろうか、

 と・・・もう回っていた、、

 いちばん遅いものがいちばん外側をまわって、、

 人と人の記憶の外を回りながら、、

 まったく遠くで響いていながら、

 屹立の様を問いながら、

 まわりながら‐混ぜながら溶けながら、、

 いた、、

 

 身体が常に重たい粘りを残しながらもぞもぞと愉快かどうかを問うことも出来ないぐらいに細か‐く細かく変化しながらそれは揺れながら移りながら身体のなかにあなたの熱をうたい上げながら踏みながら熱を送りながら、

 あらわれたよ、

 とんと‐とんとあらわれてあなたはその姿を泡立たせていたよ、、

 と、垂れて、いながらにして言う‐微笑みをする、

 

 ぱ、と散りようものをもその泡立てた身体で徐々に転がっていき、

 というのが困難であれば波立っていき、

 あなたを正面からも側面からも外側からもひっとらえる、、

 ひっとらえてなにか鋭い類いのものがそこへささるものでもないが、あなたは次第にもぞもぞとしだす、、

 その粘性の目に上手く適応してくる、、

 言葉なんど声なんどことごとくもぞもぞとぶくとぶくとその泡立つ歩みのなかへ静かな速度で内がわを目指して輪を描く、、

 かしらん、

 巡り、巡り‐巡り、経、へ、めぐってことなってくると瞬間というものを定めようにも瞬間というものは少なすぎる、、

 ここからねんとねんとねとする身体のなかを、、

 小さな円を描きながら覗いてしまおうとする・・・、

<1353>

 何の温度かは分からないまま身体のなかにずっしりと被さってきていて、そのもの、

 ものの呼吸音を、、

 誰とは知らず溜め息をひきつれてきている、、

 そんじょそこらの声、、

 遠方へ、

 遠方へ遠方へ、、

 ある、うつろの、膜の印象だけがきて、、

 暮れている景の中の私は見る、

 

 それがなんだろうと少しも構わないな、

 もう少しここであたたかくあれば、

 な、

 そのような印象の声、、

 あたしは跳ね返している所作の内側を静かにうかがう、、

 そうして、 小さな、ひとり気晴らしの散歩道の気分になり、

 僅かな揺れさえ、、

 それは私がよく知っていることとなる、、

 あらわれ、あらわれ、

 望まれる音、と、

 呼吸が変わるともう聞こえていない、、

 

 あなたの暮れの景の中で、、

 ぼんやりと浮かび、、

 はたしてたいした動きもあらわされないなかで、、

 なんとのう内へ内へ打ち傾いてゆく身体の流れが映る、

 少し映る、

 通路を逆に取ろう、通路を逆向きに、、

 そうして生活をする、、

 あんまり明らかなものもそれはそれで見ていて、

 なんとのう振れ、、

 そのなかのぼやかしてひとりにしか‐かかわりのないところへ、

 一散に、、

 

 あたしはまた景に身体を添わせ、、

 少し跳ねていた、、

 こうして生まれるに違いない、、

 ぼやかしたひとりの人、

 あたしはまた景の中で暮れまで待っていた、、

 

 どこにでも聞こえていてどこからも跳ね返り、

 誘う、小さく遊んでいて‐手のひらに、いくどもおりてくる、、

 また生を、また生を、、

 小さな器の集中力、

 また散じ、

 また生命、また生命の揺れのうろの中、

 量が来る、量が自然に色を変えてゆく、、

 

 その動きのうしろ、、

 何度もまたうしろがあり、、

 その残りのなかで挨拶をする、、

 どこまでも印象だったり、はっきりと、

 絵がうつり、、さらわれ、、

 ころがっていってまた浮き上がるひとりの、

 器の身の持ち方、、歩いて歩いて‐歩いたことも忘れているようで、

<1352>

 それだって同じ空間にいるのだから、、

 会う、会ってあたりまえだと思うので、、

 何も驚きはしない、、

 それも怪訝、、なんとも怪訝そう、、

 少し驚いたりしてみせた方がよいことだ、ぐらいは、、

 小さく考えたりもするけれども、、

 

 めまえにひとつの木がすっぽと立っていたって、、

 それはなんだい、

 あたしは同じところへいるんだから、

 当然そうじゃあないか、

 なんて、、 ちょっと怪訝、なんていうと怪訝で、

 

 なんぞというと私は徐々に徐々に波が行き通る場でございました、

 それはもう繁り、繁り、繁りました、、

 なんていうのも、、

 少し激しいぐらいで、、

 粘りついた粒の、あちこちが、いくど、いくど‐ともなくさわがしい、

 その流れに乗る、

 流されたままでいるの身体たち、、

 美しい響きをいっさい立てながら、、

 流れてゆくのか身体たち、

 私は心底から不可思議と思った、、

 ・・・

 

 丁寧に夢を見つめ、

 同じようにして眺む木、

 すっぽと立っているひとつの、、!

 ありえるらしく、、

 同じひとつの場じゃないかえ、

 あたりまえさ、、

 なんぞというと少しけだるそうに、、

 ひと振り々々々々 を緩慢にくれて、

 流れてうたう、

 

 なんだ、 かげに映り合わされて、、

 しぼむかえ、 冗談を混ぜて、、

 身のいくらかのそよぎ方よ、

 身体がはらわれてく、

 

 身体が柔軟にはらわれてゆくと、ゆくよ、、

 上手く馴染んで、気も良さそうに、

 怪訝そうなそぶりも流れて、、

 ひとりでうたう、、

 身体を、 いっさいの濃淡を、 彼の波のうちかたを、、

 ひとつのところで眺めて、

 ややあって、、ぽお、、・・・と立っている、、

 なんぞというとささうものがあり、、

 私らだっていくらもつづく地面へささっているのさ、、

 ただなにもひきずらないで、、

 ちょっと試みに触れている程度だがや、

 それらが、、

 散じたあとのだだ広い風の領分の ちょうど心底を占め、

 一等濃ゆく、、

 流れたままの姿で居る、

<1351>

 何事に対してだらりととけてさがってゆくのかを、

 知るか、見た、よくは知らない、、

 だらりととけさがってきた、

 よくは知らない、

 私は、いまいち層になりながら、、

 その全体を、水みたいなものが、ゆったりとした速度で全体に伝わってゆくのを感じる、

 おしては、ひいてゆくたびごとに、名前の一部が少し、ほんとうに少しだけ剥がれてきていて、、

 静かに眠い、、

 

 いったい、物事が華やいで見えるのに、

 いくらか慣れて、、

 あたりまえに活動してその線が鳴る、、

 その光度といっしょになって私を作りつつあると、

 わけもわからなく、あればあるような無言になってくる、

 

 身体のうえで、

 私はしじゅう駆けながら、駆けてころぶ、、

 まったくひとつになるとはおもわないな、

 なんどということ、

 まったく探ってゆくのではないのだということなどを、

 小さく寄せている、、

 

 波のなかにある人の仕草をよ、

 私がとくに完成でもないというのと同じ程度に、波のあなたもそうだ、、

 激しく割れたね、、

 このまえ僅かに沈黙していたとき、、

 私は本当に耳のそばであなたを感じているような心持ちだった、、

 どうしてあんな風な仕草を揃えているの、

 不思議で仕方がないものだからちょっと長い間見ていた、、

 長い間その転げ方を確かめるように見ていた、、

 

 そうして、雰囲気の長い粒どもにもたれて身体を自由にし、

 どこかへちょっと放られ、、

 激しい音もくぐもり、膜のように柔らかいとき、、

 私はどこかで一本の線をまっすぐ私自身に通すところを探していた、、

 身体にその仕事を伝えようとおもい漏れ出ださすような格好でそれを為した、

 さっ、

 ・・・、

 お、おう、おや、、

 私はなにかざらざらとしたものを踏んでいる、、

 なにか重さのある接触をしていた、、

 それが、どんな性質のものか、

 いっこう分からなくて十分のようでもある、、

 円の声が差していた、

 なにに対して目をアいているか、それはどうということでもよろしくて、、

 日のなかに新たにたれ下がれればそれでいいと、、

 こういっていた、そう言うことであると、

 なにか特によく響きのあるところを、少しだけまたかきだしているようであったが、そこがいちばん上手く削れるのだったから、

<1350>

 踊りあがるような日の可能性をうちに響かしていながら、、

 街路はある、

 街路を見る、、

 響きを真正面に、、

 ある感慨をも持ちながらま正面に、

 少し、、乗っている、

 乗っているもの、、

 私の歌うような視線と、、

 乗り物のなかでたっぷりとうつろ、

 問われない線の揺れの、、

 その先端は跳ねて、、

 ただの街路‐街路で踊りあがる日の成り立ちを見る、

 

 私も静かな乗り物を映している、、

 行方を言い、

 いままた動きに動きを繋げ、、

 小さな路だけに生きていた、

 それを、映している、

 イメージが、像が、これ以上は膨らめないというところまで膨らんでからいくつかのコマでまったく消えてしまった、、

 私はひとつを抑えていた、、音が鳴った、

 

 その入り口の反響の仕方を、、

 区切り方を、、

 映したかどうか‐いつまでも続いていて、、

 あれはなんてことはない、

 ただの行き来だけれども、、

 日というものがあのように始まり、、

 あのように湧き立つのでなければ私は、どう居て、どう映したらいいか分からないというほど、、

 印象を豊富に持った流れだった、、

 

 その流れのなかで、、

 なるほど、、小さく寝ているような、

 声は現実として特に際立っていた、

 いつも声をたどって場所に接地していたみたいで、

 しかし、誰も彼もいっぱいの反響体の様を見せて、

 そのなかへ入り込んでしまうと、

 またなにごとかが分からなくなった、

 接地からすみやかに剥がれていた、、

 

 剥がれかけている身体の一部を備えながら、

 私は歌った、、

 まとめて、、

 ・・・、

 このようにして飛躍、声のかたまりになることで、、

 ある途方もない乗り物になっていたのではないか、

 、など、

 静かな風が区切るようにしてすみやかにとおった、

 皮膚は、もう、 別の古さを身につけている、

 おそらく、、歌っているそばから剥がれ、、

 反響体のなかに、粒のようになって紛れている日には、

 私は出合う、

 それもなんのきないおもいのさまで、そのままで、

 揺れている一区画の、、

 その音と微妙に接地しながら、

<1349>

 自分の手の範囲で、 上手く、、それがたんになめらかなものへ一様、に触れていたろうとして、

 あたしのなかのこと、、

 一様に掴んでいるの手の、日のなかを探り、、

 行きますと、

 いう

 ・・・

 もののなかへくらいいろの様なものを見留めて、見留めたあと、それで、なんだかぼんやりと眺めつづけているとでもいう、

 いう、

 そのまましかし身体がなにとはなくあたたかくつくられてきて平衡、

 平衡(平衡?)

 をきく、ような、ものの、身体つきになってきている、

 

 あたしが上手く角のところを曲がろうとしているようなもの、

 そこへ、連続して小さい音がひろがって、、

 ちょっとどこかの身体のところを忘れてくれる、

 そういう響きに時間をかけて寄っていきようとする、

 平衡、

 平衡なの、、

 

 どこへも吹きますような気持ちで、

 あ、・・・あたためて、、

 そうだ、、と、もそうです、

 しかし、次第、次第に、ごつんとした器の、、

 器の移動が、このまえに現れるとき、、

 現れるとしたとき、、

 まっすぐの線の、いつになく乱れ、、

 ころがる、、(ごろんとした)、

 ・・・

 私の、日の器、こぼれて、、

 回転する、

 いつになく日が速やかにさめていて、、

 

 細かいこなを、、

 あたしの振るなかを少し見留めるなかを、、

 ゆっくりと移る、、

 それでただわ、わいという声のなかを、、

 あなたが見もしないで通る、、

 通っていってくれる、、

 

 あたし、がまごついたまま、で小さく打たれ、、

 ぼんとした‐もう響きのま中央に、

 揺れこむ、、

 揺れこむという声のかかるところ、

 へ、一心に、時々散じテ、 混ざってしまい、、

 どこかへ中央を言おうとする、その、 こころもちを静かに外へ置いた、、

 輪郭また印象、 少し見にくく、

 よく声の出ようとしてどこをさしたものか、と、

 一遍沈み込むよう、

 けしてそれはおそろしいものでないだけ、

 かえって分かりにくくなった、

 あれ、わ、わ、あれとさす、手のなかの、

 小さな感覚へ向かって、、

 少しずつ動きながら姿を取ろうとした、、

<1348>

 そこに いて、 まず、 あまりにも多量、それと、 目が合い、

 あなたは本当に線の集まりなんですか、 どうなんですか、、と、

 それは、もう、僅かな、ほとんど見えない仕草で問われている、

 から、

 もう、

 繁茂、繁茂と、

 唖然とする・・・

 もう、、後ろから蹴倒されるような、

 湧き、そばから湧き、湧き、

 とうに見えなくなったところへ出て、、

 ひとつのただかすれたいだけかすれた言葉のサカり、

 

 放題のなかにいた、

 これと、身の中に、幾つかの等しさを落としてゆくと、

 また明るみに出た

 呆れた、、

 こんなものはもうぐじゃぐじゃと、、

 豊富な香を含みつつ、、

 一歩‐一歩とよろけてゆくのじゃないかなあ、

 なんて、

 細かい粉になって声を出している、、

 それが、 どうやら繁茂を跳ね返すのでもなく、

 あとで何かを助長するのでもないようで、、

 なんだろうな、一片は一片のままでこのように握られていると言えますか、

 言えば言えるでしょう、欲望と、

 繁茂‐また繁茂で奥の方へ追いやられて、

 一種ポ・・・かん、とするなら、

 その言葉が、 勢いもそこそこに、 ソッカにただ垂れるようにして、、

 ひとつのどろどろとした足場へ、 すっかり収まるんですからね、

 なんて、、ちょっとポ、、としたなかに笑み、嬉しさ、、

 

 肌はなにも‐ええ‐繁茂を見知ったとしても、、

 少しずつ剥がれる前の表情、少しずつ私を外にするだけだとは思いますけれども、

 そのような香が剥がれて順に憧れてゆく精神、

 動力、

 ひきのばしているものも、

 あられる、、

 目まえにただ慌て方も丁寧に散じ、残りも拭い去ったような姿である、おひとり、、

 あたしはていねいにかむりをそこへ差し出す、、

 繁茂してくるから、、

 ひとつの‐覆いの夢を見ているから、

 出しましょう、、

 芽、 芽などは、いまや、違う夢をあてて、、

 なかなかどうも小さな一片以上をかきましたその手振りで、

 音もせない ど真んまなかへいる、

 なんて・・・、

 色があってもぞもぞと困惑するような、

 そのさなかへ、、

 身体が身体を追い越してゆくような、、

 動力が、、

 駆け‐重なり続ける量が、、

 いくつかの目をそのままで抜け出る、、