<1507>

 隅々まで、なにという、仕草が出来上がってくるような、

 香といい、それといい、

 それといいながら、すらすらと、こちらの方へ、、

 仕草が立ち上がり、

 私は見る、、

 その方を、ずらずらと見る、、見つめる、、

 見つめているところへ、そのままただにあたり、

 どこへ転げていくか、、

 なにがそこへ伝わっていくか、、

 まったく、不明の、、

 それの、流れのなかにいたから、、

 肌がそのままであれば、、

 ただ香が立ちのぼってくるなかへ残らず私が見えて、、

 ただ立ち上がってくるような、

 その接触面、

 接ぎ目を、、

 もうほとんど不可思議だというおもいで見つめてみている、、

 からだが芯を持ってそれ以上はどうか、

 だらりと独特のしなり方をするのかやらか、どうか、

 まっすぐに、その私というもののもの姿を、、

 じりじりと見つめている、、

 

 あれはここへどう打ち、どう響く、

 伝いの、、

 目にするままに伝いの、、

 しぐさを見分け、

 ともども、すみやかに走ってゆきながら、、

 ともども、身がほろほろとほどけて、、

 ここへ、

 着地して、接ぎ目、、

 まともに手が触れ、

 手が触れたあともそこからそれぞれに騒ぎ、

 それぞれにはなやぎ、

 触れてきてまたそこの接ぎ目から、混ざりから、

 人は手を、、

 

 同じヒのような膨らみ、

 膨らみのその端緒、、

 へ、まともに手を置いたままにしているのが見えて、、

 ただずらりとまた滑り出して来る、、

 身体からはみ出て来る、

 流れ出して来る、、

 声はきかないでもそこへそのままに、いくらも形を持ったものがまともに、伝い出して来て、、

 ましょうめで、手を、、静かに振っている、

 静かな時間に合わさっている、、

 身体が、ほうけて、、

 ほうけたままのそのいちにんの姿を、、

 そこへ見留めて、

 なにが、なにへ、響き合って、、

 合わさって、、

 とそのままで、、ずらずらと滑り出して、来るのか、、

 まったく不明ながら、その場へ、、

 肌に違いないことを合わせ、

 その繋ぎ目、、

 人が黙って手を置いてゆく、置いてゆく、あたたかくなる、、

<1506>

 身のまちゅうおうに位置していて、呼吸もゆるい、

 そうしてここいらから、本当に出てくる、

 たれか本当と言い、身のまちゅうおう、、

 その騒ぎ、

 その移動の仕方に、、

 僅かに目線を、、縦横に、、

 そこにからからと鳴る、

 不釣り合いに、、

 そこで生きながら、、

 ある、長い時間を、、長い回転で、、

 いくらも印がつき、、

 その跡を上手く鳴らしている、、

 この場へ出てきて、、上手く鳴っている、

 身がここへ垂れる、

 

 ごく細い線から、

 次から、次から、存在のまちゅうおうがあらはれ続けていて、

 私は、そのなか、、

 そのなかほどをゆく、、

 ゆくとそこへいくらも転げてくるもの、

 四方から四方からかんからかんから次々音を立てて、、

 連続的に鳴る、、

 鳴っている諸方、

 確かめる仕草も軽い、

 かるやかな息の内側に出合い、

 そのままめんくらう、、

 ただにくらくら、くらくら、

 私も、あなたも惑いと、、

 断乎として進む、、

 身もその内側からのふわりと浮わついたものを受け継いで、、

 ここに、だらりただだらりと続き、、

 目をアいて、歩き回っていた、、

 

 身もそのような内側に、

 ひだりてででらりでらりと触れて、、

 いたままで、

 いたままでその姿をはじかれるようにして見た、

 あらためた、、

 あらためた先でほうほうという呼吸とともに、

 一途燃えていようかと、、

 そうした類いを、、まるでひたいへ、

 ぐい、ぐいと、押し込んだ、、

 ような、姿のまちゅうおうが、、

 視界へ、ただだら、、と垂れてくる、、

 垂れてきたものをその内側の息がしかとつかまえて、、

 なにか、混ざるか、いや、、あたりまえに包んでしまったのだ、、

 そこからあれややらかな、やらかな色があたりまえに出てきて、、

 めまえでどれ、どれと踊るような様子を、、

 ここへ、ひょいひょい、、

 身が静かにあちらからあちらへほとんど続く、長い時間を掛けて、いくつまでもさかんに燃えていようかと、

 火の中ほどで、、

 手合い、と手合い、手に手を、次々に踊り、、

 もうそのまちゅうおうのお近くを探る、、

 探る姿のそれ、

 久しく揺れながら、、全体を見して・・・、

<1505>

 そのかどのはげしい方向へずらり、

 ずらり、とずれこんで、、

 そのままで、およそ、そのままではいる、、

 はげしい場所のはげしいヒ、に、、

 そのまま潜り込んでしまって、

 あらはれたのだかはなにか、、

 私の、仕草の、、

 軽やかにさせる、

 その、方途はなにか、、という、ひとつの声を、、

 ここいらへ、集め込んでいた、、

 不明のヒ、が、めまえで炸裂して、、

 ぼうやり、ぼうやり、、

 その影の中を進むの、、

 私、不明になって、、このような、手合いのなかへ、

 ずる、ずるとなり、生きているの、、

 

 ふうぅぅぅ・・・、

 ふうぅぅぅ・・・、・・・、

 と、言う、

 いくつかの生きた姿が混ざり、、

 混在で、あれる姿のまま、

 めまえへ招び込んだ、、

 のう、のうと、、

 身のなかへ黙って当たり、、

 あたしをヒのなかで起き上がらせているのだ、、

 踊りがあらはれるならばそうだ、

 ここへ、あらはれるなら、

 しかし、なにがともなにやはげしいものがまただらりと一面を、

 一面をひそかに、はたの方から染みて来だす、

 肌がざらりと染みつき出し、

 水を含んでいる、内外に、そのままの仕方、

 水を含み、、全体に、うたいがはなやかな色をなし、、

 続く、続く、、

 と、言う、ひとつの、、まだらになり、

 声のなかに混ざってやまないもの、それからものの、

 一切の動きをそこで見つめている、、

 

 はなやかなうごめきに飾られて、、

 いちかしょへ、当たり前な仕方で集中している、

 はげしいヒ、が、当たり前に生きている、そのなかほど、

 そのなかほどから、無数の穴へ向けて、、

 身が、どうと滑り込んでくる、

 あらはれたうたいの通いを、、

 順次、その一切を眺め、 て、

 どうと流れ込んでくるもののなかに、、

 あらたに、なにという、身を、、

 さっとうさせるわけではないものの、見える、

 肌に、無数の姿が映り、

 わたしのなかへ、どうとあらわれてくる、、

 あらわれてきたままで、まなかへ、、

 きこえて、、ようよう、あらわれ、たまま、

 そのいきおい、

 その生きた姿が、めのまえをなにや違う仕草で、

 過ぎるだけは過ぎる、、

 不明の、もの、、一切をこえて、

 ここへ、だらりとあらはしている身もそれをまた受ける、、

<1504>

 身のなかに合わさっていてただ肌の先方へ当たり、

 そこからどうやらどうやらか漏れて来たら、、

 はげしいヒ、、

 はげしいヒの惑いの内側に身をあらしめる、、

 吹いて、、

 吹いたままになって、、身を、

 そこにあらしめる、、

 生きた姿が、

 ちょうどそこらへんにまともに当たっていると思うと、、

 なにかは、分からないながら、、

 分からないながらも諸方から溜まり、、

 すみやかに生きてくる、、

 そうだこのような、はれやかな身の流れを、

 黙って持っていたのだと、

 たれかかれからか語りやれ、

 

 それという仕草も、

 身のほどきかたも、、ないまま、、

 身もなにかぐらぐらと混ざり切ったまま、、

 そこへどうと声を掛ける、

 いちになって起立、いちになって起き上がり始めた、、

 そしてそのまま跳ね出したりもするのだ、、

 するのだと、隙間から、諸方へ、諸方へ、、

 ある、僅かな形を取ってすみやかになり、

 ある、あれ、、

 ヒのなかでまぶしい、

 ヒのなかで大層に跳ねまくり、、

 混ざり切った姿のはげしいうたいを、、

 あなたのはらなかへ静かにおさめ、、

 ぼうっと照り出して、

 いちようのおんどを持ったまま、

 互いが、互いの仕方で踊り出していたのだ、、

 

 互いが、互いの仕草で、、

 もうふらふらになるほどに踊り、、

 まだ、ほうけたがんぼおで、風がよく通る方へ、

 ずらり、ずらりと人がうねるほうから、、

 もっと風の方へ、、

 集めて、、

 姿がそれだけはなやぎきったものに、、

 身をあずけて、、

 そうして生きてきたところに、いちようの動きをそえる、、

 そえたままのもの、、

 呼吸に触れて僅かに生き出すもの、

 生き出したままでちょうどはなやかな、ところが、、

 あたしにもあり、

 触れているところ、、

 呼吸が、僅かに振れて伝ってくるところにほうけ、

 ほうけたがんぼお、、

 を、なにのおとがせいという訳のところでもなく、

 だらりと置いた、、

 置いたところから、まだと、まだと伝ってくる姿の、、

 まんまなかへ、目が奪われたまま、、

 離れることが出来ない、

 ように感じていて、これは、たしかな温度をしたものの、

 たしかにだらりと垂れ込んできた姿なのだと思う、、

<1503>

 招び声、なぜか、ひとつから、ひとつ遠く、、

 その姿の、かしこ、、ゆく、

 招ばれて、ただ、すくと立ち上がり、、すくと、

 けむりながら、そこへ、、

 言葉をあらはしながら、、

 ある、、長い時刻で、どうどうという音を立てて、

 行く、どこまで、かしこ、、

 あらわれ、あらわれ、、

 ひとつのなかへ順次混じりながら、、

 ひとつのことを言わうとする、、

 

 たれかかれからか渡り、

 渡りながらのもの、流れて、、

 流れているとそこへ、すいとあらはれる、、

 あらはれながら、長く、のびやかに生きていて、、

 生きていると、、だだらと溜まり出し、、

 出したら、そこからたれか、

 という、、

 うたいのほど、

 うたいの続きを、、

 ここにすみやかに見せる、、見せているが、、

 どう応えたらいいのか、、

 一瞬間、いや、、無窮のなかで、

 生まれたまま、、

 いや、エネルギイは、惑いを含んで、、

 そのままで回転する、

 跳躍し、、

 身体からいくつもいくつも遠い日に垂れていくもの、、

 そのまんまなかで、

 ぽう、

 ぽう、、とする、

 あたしは、無窮の色味に、ひとこと、挨拶を、

 ほんのひとことと、、

 

 そして、うるみかける、、

 身体だということを知り、

 その、いくつもの泡は見事にうたいながら、、

 くれながら、、

 いくつか軽く、

 いくつか方々へ、

 円を描き、流れていくこと、、その領域に、

 私は、黙っていた、、

 いちごんを足し込み、そこに風が流れた、、

 私は立っている、、

 その空間に垂れるままにして、生きている、、

 たれかかれか、、

 いちごんを渡し、

 上手く風が通ると、、

 もう、いくつもの既知の場所へ、、

 砂の身振りが見えて来、、

 ひどく、ひらけているということ、

 誘う、いくつものうたい、、

 私はそれを、 別の側面をあらはにしながら、

 黙ってきいていた、、

 ここに風がいくつもあり、、

 ただそのまんまなかへ垂れて生きてくる、、

<1502>

 そこへ掛けなさい、

 あたしが声をするのをきいて、そこへ掛けたら良い、、

 伝って、伝って、そのうちに、、

 ヒが当たり、、

 ヒの溜まり、

 身の、こぼれてくるしかた、、

 を、まったくおさない仕草で見つめていたころから、

 あなたの確証はそこにあって、、

 あなたのヒはそこを上手く燃していた、ということを、、

 くちのはいっぱいにして、、

 ただ伝って、、お願いなのだから、、

 その向こうへ、、

 その向こうへ身体ごと、、

 

 ああそうか、ヒがはいって、、

 その向こう、遠くから、、

 穏やかに言いを渡している、、

 まはだかになり、、

 まはだかになり肌を合わせ、、

 諸々を、空気のよぎるところ、

 さっとう、、生き返るのに、このヒが漏れ出てくるところに、、

 まはだかで、、まともに呼吸を始めるのに、、

 私は向かっていて、、

 何か静かな汗をかいた、、

 人と人のあいだを伝っていくのが分からなかった、とでも、

 ひとつ言いたげな、、

 ひとつ身体であらはしたげなところに、

 静かな汗はごく簡潔に流れていった、、

 地面のひやかさ、かたく、少し粘で、できあがっているところをすいすいとうつる、、

 すいとすいとこのままの形を、、

 粘じ、まはだかのその中央へ、

 すみやかに渡してゆくところを見つめなさい、、

 

 はれいばれとした気でたらりと道をさわり、、

 そうだ、と、なに、道のただたらりとめまえに、あらわれる、

 あらわれるところへ手を付けて、、

 なにがな、これは、、

 気をここへ渡したままなのだろうか、、

 さりぎわ、、

 満開の言葉を残して、、

 あたしは、一歩、一歩が、ちょうどその粘に、触れて、触れてと続くのがこれまでも、これからも感じられる、、

 その呼吸をどうしたって感得していて、

 見れば、見るほど、その向こうへ、、

 身体をゆるやかにうたいながら、諸方へ、、

 外に伝おうとすることを、、

 粘と、粉のうごきを、またそこで静かに見た、、

 あたしが一様の歩を、と、

 かんがえたときには、もう違う香が、

 違ううたいを、、

 この延長された先へ続けている、、

 それがなに、快調音の、

 姿を見せて、、

 ここにすみやかに渡って来、、

 汗やなにかが尋常にあらわれたままになっている、、

<1501>

 その切れマ、太陽の隅、、

 太陽の切れ端で、私は踊っている、、

 不明の、根であるとか、なにか、、太陽らしき、

 隙間、、

 私の肌の、エネルギーの外ではない、、

 この場に、漏れて来て、、

 私の隙間、、呼吸が次々に通うところへ、、

 そのままのびていって、、

 そのまま、、私を吸い込んでいるものもの、、

 位置から通う、、

 私は、そこで、たんに、、踊っている、、

 

 日の、日のありかに、私は、たんに居て、

 たんに身体を投げ出したまま、、

 照らされ、、

 それはいくらも届き、

 そのなかで、ぼう、ぼうとしながら、、生きていた、

 たれか呼吸のなか、、

 たれか隙間のなかに、、

 四方に、存在を見留めて、

 このような、、長い肌になって、、

 私の方へ、いくらも、いくらも当たるのだから、、

 私は何と、、私は何と声を掛け渡すのでしょう、

 響くまま、通うままの、、

 外側ではない、

 その続き、、

 エネルギイで ここまで漏れ伝わってくるのだからうちの、、

 ほうと吐き出された、、

 そういう姿に、黙って居る、、

 切れマ、、切れ端、、

 複数線になってさんざばら生きているところ、、

 掛ける意識、、

 

 ようとそのなかへ踊りの私を通した、、

 それが自然であると思うから、と、私に声かけて、、

 私は声を掛けられたまま、身体を通す、、

 今でははらわれて、、

 今では言葉がいくつもになり、、

 いくつもの線に、複数の日に、、

 あらわれたままの身の、、

 その持ちようを眺め、、

 その行く様を見ること、、

 その生きていくさまを見留めること、

 ステップ、ステップ、ステップ、、

 やはりそこに居た、、

 あなたが、また同じようにして切れ端を見せ、

 切れ端を渡し、、

 そのなかで、とんと愉快になる、、

 これ以上の様を、、

 とても見られるものではないとし、

 愉快になりながら、、

 愉快に生きていながら、、

 切れ端の光り、

 肌へ長い肌へ、、

 幾度もリズムを繰り返しつつ、踊る、、