<1797>「含んで、膨らむ」

 あなたはそのマにひとひらで触れて、

 なにという巡りでそこにあらわれ出ようとする、

 回転しながら・・・

 そこに静かな印を描く仕草、

 あ、今私のそばにその長い装いで、

 明らかに来ようとする、、

 なにだ、なにだと言い、

 はっきりと出て来ようとする、、

 私はその姿をはっきりと正面に含んで、

 今にもいるのでした、

 あ、続く、その列の中にどうしても、

 いるのでした、

 じらじらと身体の熱を上げて来、、

 そこへ拡がろうとする、

 勢いのなかに全ての身振りを含んで、、

 

 なにさ、(なにさ)、、

 あなたは全ての振舞いを含んだところで生まれて、

 そこで発話する、

 ひとつの揺れとなりどこまでも声を続けてゆく、、

 そこで生まれて、

 そこで鈍重という言葉の質感にはっきりと触れえている気がしたのだ、

 はっきりと染みているのに、

 私はそのなかでどのように生まれ直すのかを知らないので、ひとつ、、

 歩をじとりと重たい音で染み込ませてゆくことになるのです、

 さあ、(さあ)、、

 ひとつ膨らんだ、

 ひとつ、じたじたとそこらに響きが来ながら、、

 私はそこへ向かって静かに膨らみ出した、、

 この地は無限なのに、

 この地は一歩であることに、

 深い驚きを覚えながら・・・

 

 さてはこの肌にまつわるいくいくつの重さをも、、

 そのさまのなかにあらわして、

 私は走った、

 なにかが身体のなかを長い時間したたり続ける、

 ・・・

 私はこのつちに冷たい身体をつけて、

 静かにまた生まれるのを待っている、、

 私はこのうちに生まれて、

 大仰に膨らむのを待っているものなのだ、、

 さあ、さあ、、

 私へその手を向けておくれ、

 それはどこまでもの広さを持つか知れないけれども、

 上手くあなたに含まれていることと思うのだ、

 どうにもそれより染み出してゆくものの意味というのが、

 はっきりとあらわれては止まないと思うから、

 私はつちに身体をつけている、、

 身体をつけて、以前より鈍重になっている、

 なにだなにだ、

 その只中にまた生まれて、

 私は過ぎる、

 私は明朗な様子のなかに鈍重さで含まれていく・・・

<1796>「光の粒が出で来」

 その絶えまのない、いくつもの道をアいて、、

 私はただその肌地に接近しているだけだった、

 揺らいだらまたここの、

 正面へ向けてひとつなにか掛けて、

 そっくりそのなかで眠っていようか、

 私は劫無のなかで回転しているものの、

 長い姿になった、

 姿になって溢れては続く、

 劫無の回転へ、、

 私はそっくり呼吸をつけていた、、

 なにさん、そのジにあるのが私ですよ、

 ということを承知したらば、、

 私は静かになり、、

 一滴一滴になってそのジを揺るようになる、、

 

 なあ、声も渡り、反響し、帰り、、

 そのジがだらだらと身体のなかに溜まる、

 劫一切、

 あたしの一のネ、、

 揺らぎ、、

 それぞれの表情の正面奥深く降ってゆくものの微量時、

 はなやいだ粒の、

 反響し、反響し、

 そっと肚中で光る、、

 そっと声のなかで曖昧に揺れる、

 光の粒が、、

 ゼンジ、静かに響くなかで私は底に手をついて、

 じっとそこに集中していました、、

 ほうけた声の上がるそこへ集中して、、

 声を掛けては丁寧に巻いていました、

 それ、明日の微量時に、

 この声の粒は残るかしら、、

 だうだだうだとそこいを叩きながら、、

 身体が長い時間にあらわれでてく、

 でてくデテク、

 まったくその歩に身体を合わせては過ぎていく、、

 

 ふとそこにあれ、

 何事も、呼吸をして、出てくにはあらず、

 はあ揺らいだ、はあ、もう、、

 ちょうどその呼吸が底について、

 私のなかを縦横に巡るものをひとつ想起するだけで、、

 ここに無量時というのは駆けあがって来るのだった、

 まだ肌に、

 その印の箇所箇所を見留めて、

 私はそこにほうけの意識でいるとだな、、

 これで上手く流れるのだな、

 いな、流れているのが私だ、

 どこに声をつくかなんなんと分かったものではないのだが、、

 底に声をついて、、

 様相と合わせていくのが私だ、微量時だ、

 光の粒だ、

 そこに手を挟めば揺らいだもののままに、

 吹いて、

 吹いたらば絶えようとはせで、もり、せり、

 出で、出で来。イデク、いでく・・・、

<1795>「多方が騒ぐ」

 なにだ今そこの響きに身体を預けて私が歌う、

 ひとつの通路に来る、、

 なにだひどく回転しながら来るのかしら、、

 ほうけあがり、、

 その時刻のなかざまに様子が見える、、

 ほう、

 私が歌って過ぎたところはここと全く同じだったのではないか、

 じたじたと歩の鳴る、、

 身体が振るわれていまここにあるもので道理が回転し出すのではないか、

 どうれどうれ、、

 その長い列に連なり、、

 あたしのなかで過剰に生まれていながら、

 その呼吸を見るもの、

 はいい、はいい、、

 長い時間に立って巡った、、

 巡ったのだと言える・・・

 

 軽く揺すり多方に出てきて、、

 その眼、その日、

 私は身体が幾重にも打ち、

 輪になる、

 輪のなかで届くあなたのしざまはどこへ、どこへ、、

 あたしは揺れながら、

 いくつかの表面、いくつかの手合いに、そのままで、身体をなし、輪が、

 新しくなるのだ、、

 なにかと言えば身体が震えて、、

 その輪の先まで出てしまう、

 驚きをつなぎ、、

 身体の多方がそこで騒ぐ、、

 あたしは息をそこの方向へ放りながら、、

 流れを、日々の絵を、、

 ここに集めてくるものと見えたのです、、

 

 な、まじまじと、その眼、見つめ、、

 隙間に入るものとして知れる、、

 私の、歩と、輪と、、

 そのものとして知れるものにはたはたと手を付ける、

 今振動が来て、

 そのなかで眠るものがあるなら、、

 私は手を仰ぎ、

 すすんでそのなかに入ってゆくとも思えるのです、、

 なにだ、割れた、、

 あたたかい流れが垂れたところに、

 私も構えて、

 そこでいくついくつもの日、振動、、

 私は多方を向いて、、

 声が簡単に外に出る、、

 それは誰のなかへも同じように当たり前に入る、、

 入っていればそれはごうと鳴る、

 身体のなかでごうと鳴って、、

 あたしはそのままあたたかい液になって垂れるんだ、、

 そら、それを見たか、、

 あたしは跳ねて跳ねて複数時、

 その様子へ、歩を添える・・・

<1794>「静かな眼のなかで踊る」

 等しく声を掛けたらばそこで浮かび、、

 そこで身体を持ち合わせたままで揺れる、

 わたしにはこの肌が映っている、

 映ったままでその方へ、、

 はてはその先まで一滴が通って来るのか、、

 私は分からないで居た、、

 私には分からないままでそこを呼吸が渦巻いて出ていた、、

 ひとつ、そこに手を付ける、、

 たくわえた音響のなかに身体を付ける、、

 なにだ、なにだ、生まれて、揉まれて、、

 あたしは涼しい、新しい日に立っている、

 装いが、日が、自が、

 見えたままでここに印をつけて回転していく、、

 

 わたしは滞るようにしてそこに身体を預け、

 ぶくぶくと立つ、、

 そこからなんどき細胞の巡る巡る、

 ぶくぶくとわきあげられて、、

 踊る、

 もう、どう踊っているかが分からない、

 静かな眼のなかで、私は踊る、

 もう、どのような現実がこの呼吸と上手く調和しているのかは分からない、

 シーッ、

 ・・・、、

 はて、はて、、踊りは小さくなった、、

 私は熱を持ち、、

 より柔らかな受容器へおりていく、、

 私はそのなかで指示を打つひとつの流れになり、、

 またちがうじにちへ出で、、

 そこであらためて生まれることとする、

 巡回し、このたびは無時間へ生まれることとする、

 あ、あ、わたくしの、

 時間が折り畳まれてここに長い表情をする、

 そのものの優しさ、、

 優しく肌に包まれて私は駆け、泡立つ、、

 

 私はひとつの異なる形の中に指をつけておいて、

 そこから目がアいた、、

 は、私はどこか遠いところへ来た、、

 言葉を巧みに預けうる、どこか遠くへ、、

 息をほとんどもたない言葉はここではなにものでもない、

 私のおどろきというのはここから遠くに放り出されている、、

 私は、指だけを頼りにした、、

 そのひとが水になるのを確かめて、また違う声になりそうだ、、

 どこだ、どこか、、

 広く風が抜けるためだけに、大きく構えた場所に、

 私は立っていて、、

 ひとつこの腰をつらぬく線の、その前後をも、

 まったく忘れて、

 とうにとうにここへ立ち尽くしたままでいるのだ、、

 あ、太い音声がどこからかかえってきた、

 私はけぶる、、

 けぶるなかに水の残りが巻いて、、

 方向を、ひとつの姿にもとうとしていた、

<1793>「身体のなかでまぶせ」

 今に小さな膨れが出てきて、、

 あたらしく触わる、、

 なに、なに、、

 あたしのなかで生きているの、、

 ・・・

 なんぞ、このまのなかに漏るるものならば漏ると、

 そこに表情のすっと引いていく、

 なに、あたしの身体の中で回転し、、

 そこから辿りたいの、

 は、は、今その自に漏れた、、

 たくわえてその長い時刻のままに、

 私は、きこえて、、

 きこえたまま長い姿に混じる、、

 なに、私はざらざらとした微細な粒の重なりのなかに、

 静かに生まれ直したのだ、、

 

 なに、ひとごえのする、

 線が振るえて、、

 あたしは劫のふる場所のなかにひとつの姿勢を示していた、、

 そこではたと風が止まり、

 、、

 物が垂れる音がする、

 なんぞ、物が重なるのに合わせて、

 私は居たか、、

 違う響きが入り、

 あなたも、内側の回転で育ったものか、

 私には、まったく別の様子が見える、、

 そのもののなかへあやまたずに入っていく、

 私は、口をアけていた、、

 そこからの響きは全て受けるつもりでいた、、

 、、

 無表面を、覗いただけにしか思われない、、

 あたしの身体が徐々に揺れあがっていくとして、

 そちらへ、

 そう、そちら、そちらです、と、私にひとこえを掛けたのでしょう、

 私は聞いていました、、

 まさらななかにくだりそれが漏るのをひとすがたで聞いていたのです、、

 

 長く、長く、、

 私の響くところへよそおいが、、

 あふれて、ここのつちのしたを通る、

 あれ、あたしの、、

 様子のなかで生まれては続く、、

 ひとつの誘いを、

 ここで受けていると思われましたのは、、

 その、あなたのなかの時間と名指せるもの、

 ほうり、ほうり、

 見上げ、、

 見上げてまたなかを通る、

 私がほうけましたのは、、

 その響きが続くところ、

 あなたの彩り、・・・、日、

 あなたをこの困難な彩りの中に引きずって来た風景に、

 ただの手のひらを、日を、、まぶせ、まぶせ・・・

<1792>「呼吸が盛り込まれ」

 あまりに速く、線が畳まれる、、

 ここが、そこ、、

 まだしもかのほうへ見えている物事から、

 私は増えて、

 その仔細に、、

 いちいちの手を付ける、、

 今ひとりこの身体のなかで踊ること、

 時間が経って、

 巨大なものが見事に小さくなっていっているのを、

 その存在で確かめて居た、、

 

 私は振れる、

 この小さな隙間から振れ出して、

 そこをひたすらに流れて居た、

 私は振れて波の線のあいだあいだに上手くとけあわさってゆきます、

 その招び声、

 さてもさても合わさってゆきます、、

 この身体を持って、

 上手く時間のなかに鳴るのだけれども、、

 それはいかん、

 どこへ、どこへ、、

 身体を上手く諸方向に張って、いかん、、

 ならばならばどこへ、

 私をふうけいのなかに含むもの、

 を少し持ちそこに触れるのだな、、

 身体が伸びて、、

 この揺らぎ出でてくる様子に、

 身体で通じ、、

 あたしの呼吸と温度が上手く絡まって来る、、

 私はここに居て、

 いちどいちどその声を集中していく、

 なかに集まった、、

 あらためたものとものとなかに集まって、

 空間に鳴る音、、

 ひとつの態度とまた別々に流れていく揺れと揺れ、

 

 あたしがその諸方へ入り、膨らむ、、

 手合いのなか、、

 このことばの様子に盛り込まれ明らかに増え、膨らむ、

 どれかどれか、

 あのただなかを探る、、

 ものが身体の中を通る様子、、

 あたしは増えて嬉しい、

 身体の中に聞こえて嬉しいものだな、

 と、

 ひとつの姿で言うのを耳にしました、、

 どうあれ、このたよりない響きのなかに、

 複数の仕方が、

 あれば、あるだけ、、

 ただ紛るだけの流れに従い、

 巻いて行きました、、

 あれ、方向のさなか、さぐりあい、、

 私はひとつの手の中を借りて、

 ほうという声を立てるのです、

 あれはあれは探りさわぐものの日の手、

<1791>「なかざまの点」

 なにをさ、それ、と、巻いていたらいいのにだな、

 ひとつ、ふたつと数え上げるだに、

 私は、なか、どこ、あて、なに、なにと渡る、

 ものの葉の様子に、

 筋に、

 徐々に一体となってとけてゆく、

 このなかへ来てそこから軽やかにとけてゆくものと、

 どこへ、

 いや、なに、そこから肌の見えた、

 あたしが中点にあり、

 徐々に身体を振るうこと、

 徐々に振るった分だけがここざまへ見えてくるということ、

 

 日の、気と、

 私に知れる、

 順な、順な、、方向を見定めては、

 そのなかへ青く居て、

 もう身体のあとへ等しく漏れていくと見える、、

 たれだ、たれだ、、

 そこに立って私より新しくなる人、、

 風にまぎれて、

 方向を、私に伝えてはあとかたもなくまた無形になる、

 その仕草のなかに、

 伝う私のものが揺れて、、

 それをものへかたちをするものとして戻す、、

 あは、そうか、今もまだその肌を持って揺れたか、

 私が尋常なうたいで通過するところへ、、

 揺らぎになって通ったか、

 なにだ、なにだ、、

 枠なり、渦なり、、

 今またあなたの表情へまっすぐにかかるものと、

 ここで知る、あたりから知られる、、

 生まれて、生まれて、、

 いとも簡単に、その景のなかへ、

 まっすぐに落ちていくものとして、

 肌はここにあった、

 

 今にその点、なかざまの点の、

 動きが溢れたら、、

 私は勢いになるのを静かに見ているが、

 これが止まる訳ではないことを、

 あとからあとから知りつつ、

 私はここへ手をのばしている、、

 身体を外から見ると、、

 なにとなにとこれはうねり続けている、

 これがうねって続くものと見える、、

 あれ、

 どこからその揺らぎは湧いた、、

 あたしは途方にやられ、

 静かにそこで黙っているものと見える、、

 むらをだしている、

 よその表情とその表面に浮かべている、、

 あたしは隅になって、

 ここは重なりをこえてくる映像を持つということを、

 わずかに確かめて、

 一度身体の骨組みを忘れる・・・