<955>

 それは、その角(かど)は、

 はたして、

 不慣れな指の示す、

 風向き、

 色(イロ)とりどりと、

 またぐ、またぐ、、

 ひゅうひゅう、

 ト、、

 あたしが晴れを見つめる、

 あなたがひらく、、

 鳥の匂いがする・・・、

 チッチッ、

 さらり、、

 ふるえながら、

 画面いっぱいに、緑、、

 わたしはあなたの光が羨ましい、

 また過去の匂いがした、

 ただの喜び、、

 ただの歓喜

 青い空にこの、画面いっぱいの緑の似合うこと、

 あなたの声がする、、

 みをひたす、

 みを、、

 み、

 安堵、、

 何故なら、わたしの肌は透過性をゆくから、

 たのしい汗、、

 不慣れな手のそばに、

 湿る、湿る、湿る、、

 あたたかな肌、

 その緑の静けさ、

 あなたの呼吸の行方、

 いつからか華やぎ、

 水を素直に通すこと、、

 いついっかのさまよい、

 あなたの歌、、

 ただの浮遊、

 見ず知らずのま、

 わたしは舞い、、

 ただもう舞い、

 ただそうれふぃ、、と消え、

 少しく煙、

 ひとの目に過(す)ぎる、、

 あの愛らしいはばたきに、

 かすかな煙になって寝そべる、、

 ただあたたかい、

 あなたの無言の優しさ、

 膨らむ、、

 全ての喉を通る、

 あなたが映えている、、