<1040>

 たたう たたう、

 よう 澄み よう 声

 窓からただに垂れさがるもののしみてく声

 ひと葉(ハ) 触(ふ)れィ、

 葉(ヨウ) 葉(ヨウ)

 肌撫でう、、

 ひそり 染(し)む、ひそりゆく、、

 まだらさわがしい、、

 微と、微と、わずか、、

 その隙間、ほんのひとミリの、静かな拒みト、

 く もり、ト、、

 ひょうじょうト、

 ただのけいれんと、、ますぐな目線、、

 ある恩寵から、ゆるやかに、

 それはそれはその恩寵からゆるやかに、

 あたしとはばたう

 ふと いき、それがなしに または、溜めいきト、

 不穏ト、

 割れ たぎる 裾 はためきト、、

 落ちてく 落ちてく 呼吸ト、

 水と、

 またたき マ たれか そは じねん

 笑みト、

 分からなく 意識もなく

 破り または 貼り

 ささう ささう ささう・・・