<1047>

 この花のなかに闘争はない、

 その諸相のなかにひとり表情を見よ、

 あさな ゆうな

 まだか まだかとひらいで閉(し)む

 ひらいで閉(し)む

 その香りはたれをもあおらむ

 かざす かげる かげるト、、

 ひとりの水がまだらに語りかける、、

 あなたが闘争だトは知らなかったと、、

 

 こたえて結わく

「満開になるのだから枯れてしまうとしても仕方がないのでなく、どのようにしても枯れてしまうのだからせめてものマ、マンカイになるのです」

 などと などと などと、

 やはりわたしには微妙な温度をした水が必要である、、

 それも多量の、、

 多分に水はわたしとの勘違いを生むだけの量を、

 ただ空回りす ひとは汗をかわく

 なにごとか ハッ、、すまえに、香りを持ち上げるようのある、、

 なんだかなまぬるくてあたらしい、、

 ふざけた花を手に抱え、まだなんのことやと笑んでいる、

 きっと蒸発する、、

 それは 語りかけ あるいは水になっていたらわかっていた、

 その振舞いの画角のなかえ、

 無邪気なフリをして花の飛び込んだヒから、

 きっと蒸発する、

 ト、、 ただにぼんやりして思っていたのだ・・・