<1122>

 那辺に立つのと。

 この子 どこの子。

 オーブリガーダ 分からない。

 なにも、そこまで、はっきりと、見ていても、

 対応するものとてない、

 距離のままにある朱色の目。

 小さい方と、大きい方で 適当に、リズム、見るに、ちょうどよくなるところへ、据わる。

 この子は那辺。

 どうなるようか、どうなるようか。

 最初から同じでないものが、あまりにも違う姿になってきている。

 那辺はどこだろう。

 オーブリガーダ、オーブリガーダ。

 とのまへ、ままで、分からない。

 はしとはしに流れ。

 そのままにする。

 おうい、全てのなかにいて、混乱している人。

 那辺はどこだ。

 もの見る朱色の目線が垂れている。

 ある帰宅者の色、写真屋の影。

 踊り出す人の静けさ。

 コモ エス

 愉快のなかのそばに椅子。