<1124>

 運ぼう。線の人が待っている。

 見たこともなければ会ったこともない。

 この時間はどこかで滲ましょう。

 ただ溢れていく待っている。

 待っていて、夜に優しく赤く光る。

 今夜中なぜか懐かしかった。

 とすれば、ひどく揺れて揺れて 変わり、

 今からずっと先目掛けてあなたが声を発しても、

 きっと誰のことだか分からないだろう。

 とすれば回る、回る。

 線の人は大きな眩暈だった。

 どこからか次々に運ばれてきて、しかし、なんのことだか分からない。

 がらんどうの大きな柱なんだろうか。

 がらんどうの大きな柱のなかに人、人の声がひみき、点を打ち、またひみきを確かめているのだろうか。

 線の人でなければならない理由が分からないと同時に、また回り出す。

 一連の仕草を疑い、一連の中身を疑う。

 むしろ、線の気配は不都合ではないのだろうか。

 なにやら、呼気ばかり続いていくような。

 しかし、その横で、また誰かが、後でもいい、と言う。

 ならば仕方ない、運ぼう。

 線の人。どこに生きているのかも分からないところへ。