<1150>

 日の白い紙を読んでいる。

 読んでいる、読んでいる。

 水と、流れると、傾き、読んでいる。

 あなたが 日毎 読んでいる。

 読んでいる、読んでいる、読んでいる、読んでいる。

 一杯に詰めた籠、隙間、漏るもの、あわい、日陰にしては日陰、、で読んでいる読んでいる。

 誰かが繰って、記憶だけ落とし、読んでいる。

 読んでいる。

 視線を、渦を、揺りを、彼女を、読んでいる。

 読んでいる。

 読んでいてくれるあいだだけは、読んでいる。

 読むどころではない時間に、あやまって日を掛け、読んでいる。

 あなたは、読んでいる。

 あなたも、読んでいる。

 あぁあ、読んでいる。

 ところで、男は、ひとりで、夜に、時計を、間違って、掛け、聴き、ながら、音は、音で、揺らめき、揺り動き、溶けて、溶けて、読んでいる。

 本当に、読んでいる。

 なんだなんだ、なんだ、なんだ、読んでるぞ、読んでるぞ、読んでるぞ、読んでるぞ、読んでるぞ、からまた、読んでいる。

 公園で、記憶する限りの夕方で、寛いで、鳥を軽くしたところで、気取って、読んでいる。

 浮かれて、読んでいる。

 あな、あな、あなしかし、読んでいる。

 読んでいるのであるぞ、読んでいる。

 すぐさらい、すぐけわい、すぐ戻し、すぐたゆみ、すぐ歩き、すぐ覗き込み、すぐ騒ぎ、すぐ笑いながら、読んでいる。

 読んでいることの隙間、読んでいることのためらい、読んでいることの穴、そういった全てを、一枚の感慨に託し、

 わたしは、穴で、穴で、穴で、穴であり、読みと、読みと、読みとなり、うつろで、ぼんやりと、読んでいる。

 このぐらいの小さな文に、このぐらいの小さな意識を払い、このぐらいの量でやめておくかと思いながら、このぐらいの小さな息をはき、このぐらいの空間で、ちょうどこのぐらいの長さを、ただひたすらに読んでいる。

 読んでいる、読んでいる。

 読んでいる。

 アンド読んでいる。

 男は時計を抱え、窓際におもむくと、おもむろに引き戸を引き、新しい呼吸を呟きながら、夜の引き締まった身体に向かい、時計を放り、落下しバラバラになった盤面のなかに、かたまって動かなくなった神経を知り、ひとりで怯え、惑い、ただ囁くように歌いながら、部屋にひきあげ、透明な、透明な、あつい空間の残りを熱心に読んでいた。