<1180>

 はた、はた、

 ぞ。

 か、か、むかう‐ル‐ぞ。

 おぞ。

 いつ、いつ、メ、まじる・・・

 のぉ、や、おんばさん

 えい、

 上手、上手、

 ひく、ひく、ひく、、

 ぞ。

 まさまさまさまさ、

 や、

 

 おいおまえさん水をつかいなさい、

 ざんぶ、ざんぶ、

 やあや、ははは、

 ほら見なさいこんなかへ小さく陽ィさん抱えて、、

 おォ、おォ、よし、よし、よし、

 渡るけ、渡るけ、

 そら来た!

 どっこい、ヤ、どっこい、

 まァなんでしょうねぇ見事にまあ

 わははははは、

 おまえさんきたりィ、や、

 どんどこ、ほい、ほい、

 や、ヤ、

 ぼぉっとまたのびやかに照るんですからねえ、大層あたたかいですねえ、

 おや、おや、

 あはははは、

 

 どう、どう、

 踊らあしょう、踊らあしょう、

 どこでィ、どこでィ、どこでィ、

 や、やや、

 見ン事出でました。

 あーはっは!

 したらさ、もちっと、踏もうやい、踏もうやい、

 そうれっ! やい! そうれっ!

 

 水をゥ、

 水を一杯ください、

 あァ、一息、

 一息先へ、歩が、歩がね、

 ゆら、ゆら、ゆらと出た、

 乗ると乗るとで

 かたもなく、映る陽ィもなく、

 手一杯にひらげていました。

 いいえ、秘密

 いいえ、一生涯、、

 この水の中へものおとも立てず静かにいり、

 さらさら、さらさらとつかうんです、

 えい、

 えい、えい、や、

 や、

 あなたさんよく見る顔をしいでないか?

 か、か、とむかうのかしら?

 よォ、よォ、

 それでは今生からまた知り合ったことに、

 ねえ、

 ねえ、