<1194>

 位置していた。

 夕方にあり、 一番端っこにあった、

 これ以上先へ行くと、 もう熱とは言えないのかもしれない、

 位置していた。

 数多の線が暮れる、

 眺めていて飽くことがない、

 動きが隠れてゆくのかもしれない、

 誰が陰になるのかもしれない、

 あたしは歩行の端くれだ。

 熱からこぼれてしまうのだろうか、

 どの時間にも黙々とゆくと決めたのだろうか、、

 身体から煙が吹き出していて、

 何やら香ばしい匂いがしていて、

 全景がしばし、忘れられる。

 熱の端くれとして歓声を上げていた、

 歓声がわざわざひとりひとりの背すじを撫で上げる時間を飽くこともなく眺めていた、

 時間はあんまり綺麗で 見ることに適さないままでいる、、

 

 このまま燃焼に燃焼を重ねて、

 身体が軽くなってしまい、

 黒くなった手のひら、、

 静かな地面、

 大きな呼吸は、

 どこに位置するのだろう、、

 私は何故だろう、

 誰を位置しているのだろう、

 熱の一番端っこで、

 顔の役割をして、

 口の役割をして、、

 ただの表情を音楽的になるまで繰り返し熱してゆくのかもしれない、

 長い火を、

 長い長い明かりを、

 繰り返し続けてこんな表情を迎えることが出来ているのかも分からない。

 黙しているものがあなたのそばで一語となるのを待っているのかもしらない。

 熱は私にも言葉を分けてくれることが出来た。

 私は端っこの方で踊ろうと思う、

 地面の形を時々変えてみたいと思う、

 はっ はっ

 またいずれか、

 またいくつか、

 ひんやりとしたものを、、

 手の中にうけて 口の中に入れて、

 それで ひとりで 目の覚める、

 身体がもう軽く、 まるで炭の匂いしかさせなくなったあと、

 全身で描き、 全身で感慨を言い、

 割れよう、

 また端になり、 また端っこを目指そう、

 時間は既に鳴っている、

 空気は漏れたまま、

 新しく沸いた姿のまま、端へ、