<1203>

 この人物から放たれた揺れは、今も止むことなく続いてきていて、

 私はほとんど酔いの姿をしている、

 揺れる身体のなかに、ただ立っているだけである。

 あんまり途方もなく、

 私がただひとつの限られた場所に立っていることが感じられるだけである。

 しかしこんなに新しく揺れ続けるものかしら。

 と、

 一切不思議に、ただぼうっと前方を窺うだけである。

 

 あなたの線はこうしてここにのびているだけではなく、

 ただなにかの強度を感じさせるだけでもなく、

 それは明らかに身体がひとりであることをやめた印なのだった、

 誰がこの同じ光景を眺めているだろう、

 眺めている人の、全く感情の外にいて、

 あなたは途方もない轟音を放(はな)っているはずなのだが、

 今日もまた‐とても静かだ、

 道行く人に不審に思われやしないか、

 こんなにぐらぐらとするのはちょっとほかに考えようがないから、

 あんまりしかし恥ずかしさを当たり前に忘れている、

 私はこんなところで恥ずかしいなどと思っていることが出来ない、

 あんまり爽やかな風が吹いているからだ。

 あんまり心地良く行くための条件がここに揃っているからだ、

 あなたがしかし何かを内に揺らして、

 そのままばったりと倒れた後、

 あまりに自然に流れ出だしたものの止むことない運動を見つめて、

 私は内へ、内へ、感慨を深くしてゆき、

 場合によっては無表情になっていたりした、

 

 丁寧に写すことなど思いもよらぬことで、

 私は言葉の前に無言で整列しているだけだったと思う、

 一切の表情がとけて無効になってしまっていただけだと思う、

 途方もない緊張から解かれて、

 風景は結んでいた手をひらいたかのような柔らかさだった、

 私は泣いていた、

 あんまりこの静かさに対する安心が深く、

 物事を放してやるべく泣いていたのだ、

 

 波を逸れて、

 同時にまた思い出すとき、

 私はどこか外へ出でたんじゃなかった、

 と、

 普通の声の大きさではっきりと言っている、

 なににせよ今は打たれるままに打たれている、、

 あんまり大きいので、

 打たれるままになっていて当たり前だろうという思いを持ちながら、

 自由に、思い思いのときに、あなたと同時になって、

 その声と時折似たりもしている、

 あんまり素直に現れているから、

 あんまり身体が柔らかいから。