<1219>

 走る線がいて、

 それは、アイマイモコトしたイメージを、

 颯爽と駆け、

 乱れた、それで線を外れようとしているもの、

 縒り、

 あるいは何度も縛り、、

 身体から外へ、不意にキコエないようにと、

 もし、もし聞こえたらば、

 それはどんなにか恥ずかしいでしょうと、

 

 したらば明らかにとれていく、

 どんな表情でもって膨れ上がっていく、

 先頭に線を確かめたトシテ、

 それを、ドロンとしたメで一様に、静かに眺めているような具合、、

 それは驚きのソトの顔をする、

 それは感情域を全部含んで平然としてしまう、、

 それは出来事をなんらの表情の動きもなく捉えてしまう、

 どうにも把握してしまう、

 して流れ、

 して迷い込んでいて、

 あるいは低い、どこまでも続く環ノような音に参加する、

 行進も見せで、

 どっかと着座シテコマス、

 

 どうしたらばここに強い線を通せるだろう、

 オノヅカラ、 センテキニコンワクシテイヨウトモ、、

 どれ、

 ひとり見せて、

 ひとり溢れる、、

 

 ほころびは当たり前の顔をしている、、

 このまま頭部が前触れもなく落ちたって、、

 そこに音楽はない、

 環ノような低い音もない、

 ただあけらかんとした空と、、

 照り映えるもの、

 あけらかんとした身体と、

 その日が静かに横たえられているだけ、、

 

 それで、なおも、線は、線で、

 駆けテイルラシイ・・・、

 誰かが見掛けたとも言わないが、、

 この真っすぐな緊張を、矯正を大事に身振りとしてもっていたらしい。

 聞こえている、

 環ノような低い音が聞こえているので、、

 このままの体勢で 日々に参加することを決めた。

 というより、

 自然にそうなるより仕方がないと確信していた、、

 あんなにばらばらと 次から次へ雲は巻く煙は巻くようでひとつの眠りのなか、

 覚めて、 線が通っていて、

 ハライ、ハライ、ハライ、

 この人は、

 いつも静かだな、ナニガタノシイトカデハナイダロウト、ヒッパッテミテル、、