<1251>

 ひとつのアクシデント、

 アクシデンタルな、、出来事のなかに小さく身体をまるめているようにも思える、

 それはさくれつする前の姿形、

 たったひといきではぜた、 はぜていた、

 全くアクシデンタルな響きでもって、

 どこからどこまでもひらく、、

 

 そうして身体はあたりまえに音ばかりと言える、

 音ばかりとても溢れる、、

 それは停止を忘れて、、

 激しくて、

 減速の香が全くひろがっていないところ、

 

 そういう場所にいてからだが種々の音に満ちてくのをききながら、

 どのようにしてはぜたのでしょう、

 全くアクシデンタルにはぜて、

 一度一度丁寧に驚いただろう空気が薄くここいらにはりあわせてある、、

 道の急な折れ方、

 道の急激な白さ、

 

 わたしを同じ道にはりあわせてみた、

 わたしをおんなじ道にはりあわせてみたとて何が分かるわけでもないが、、

 衝撃がまた音を蓄えてゆく、、

 それは盛んになってまた鳴るだろうことおぼえ、

 私は揺れて、、

 ひとつまた瞬間にからだの形を散らす、

 ひとつのからだが独自の音を立てる、

 

 わたしはすみやかに移動する、

 この場からはぜて、、

 またからだを落として、、

 軽さから少し外れる、

 そのような長い記憶も全部連なってゆく、、

 隅々まで散る気配で満載だったのだ、

 からだからまた鳴る気配で、

 それが、ざんぶと溢れ、

 垂れていく、また垂れていく、

 また垂れていく、

 あたしはここにすみやかに手の形を見出してその溢れるなかを慎重にくぐらした、

 いくつもいくつも混ざっていて、

 手を通すとそれがまた深くなり、、

 見えなくなり、

 わたしも静かに目を閉じる、、

 なぜ、このままの姿形で丁寧にはぜたのでしょう、、

 それは移る、あたりまえに揺らいでいる、、

 あたりまえにそよいでいる、

 記憶の裏側に瞳を落として、

 ただ遊泳し、ただうつしていく、、

 からだはどのようにこの種々の音になりえたのでしょう、

 手を深く入れ、

 また増えてくる音をききはじめるようなのだ、