<1319>

 彼の、いくつの、想像の、ダンスの、

 輪舞、輪舞と、

 体調、リズム、、

 風の入り方、、

 リズムと、打つ音、響き、ステップと、

 舞い、跳躍、跳躍、

 ひとりで過ぎ、ひとりで過ぎ、

 輪舞、輪舞、、

 雑踏が外にある、

 雑踏が外にある、

 雑踏が外にある、、

 

 ・・・内、内側、内、全く息を詰めた、

 集い、集い、揺れと、

 同じよう、様々、輪舞と、

 駆けていく、

 駆けていく、、

 彼の名が何であるか、

 跳躍、跳躍、

 響き、、

 彼と、リズム、打つ音、離れない、

 雑踏が外にある、

 外側なのか、、

 内、内側へ、輪舞、リズムと、

 軽快な足跡、、

 足の記憶、

 足の記憶たち、

 はだか、

 まるで、リズム、、打つ音、はだかんぼう、、

 うねり、、想像と、一体、

 響き、継続的、リズムと、

 揺れと、打つ音、なにか外へ、

 外へ出ていく、、

 雑踏と、壁一枚隔てて、、

 閉じて、リズムと、想像と、彼と、

 舞い、もう舞い、舞い上がって、、

 等しい、日々と、、瞬間と、もう、

 その全身の跳躍があれば、、

 彼の名が何であるか、

 彼の名が何であるかは、

 音に消えていく、、

 想像の、輪舞と、裸、

 

 裸と、一切、、

 床、冷たく這う、這う、手足と、

 跳躍、、

 死んだ途端、生きている、、

 流れと、想像、

 うねり、めくれ上がる手足、

 響く、響く、リズムと、

 転倒、音楽は行く、

 増えてく、その、停止に、身体が、無条件に増えてく、

 散らして、散らして、想像、打つ音、、

 軽快、跳躍、、ひそかな身体線、

 流れ、流れて、、

 停止、もう、この、停止、リズムと、身体、無条件の、だだ漏れの、

 うねりに、うねり、、

 総身、次いで、総身が、

 立って、、彼の名を、見つめている・・・