<1323>

 私は振動したんでしょう、、

 そうでなければ、、ある、はいってゆくもの、など、分かるはずが、ないじゃあないか、、

 いたって、普通に、常に、湧き立っているようなど、

 どうも、そうじゃないか、、

 

 どうも、そういったようじゃないか、など、

 少し、回っている、

 どうにも、ああ、その、なにかと騒がしげに、なってきていて、

 それは、私、振動したんでしょう、

 まったく、どうやら、呼気と、点滅と、身体と、合わせていて、

 振動するようじゃないか、、

 

 ひろがっていようと、

 それはある身振りの殻のなかを流れていようと、、

 どうも、それは、感覚の、あるなにげない穴、にそっと置かれて、いた、

 それは、どうだろう、、細かい揺れをするだろうか、

 そこに彫り込まれて、また、諸々が、吹いて抜けてゆくさまなどを、見通して、

 あ、あ、そうで、あ、そうで、

 どうも振動したんでしょう、

 などと、言葉、それを置いている、

 

 ぱああ、、・・・と、順次、ひろがったんでしょう、

 などと、

 などと、申さば、申せで、

 それも、分からないながら、ニュートラルに、

 すみやかに、

 また、いつもの、順次の、回転など、、

 響いて、、

 それが ひとつの空間のなかを抜けるたびに、

 また、新たで、響いて、、

 これは、振動の仕方もあるんでしょう、などと、

 言って、

 言って、、

 言っていた、、

 

 あんまり、その、わきあがる点だとか、、

 身体になるところだとか、知らないで、、

 わ、あああ、、・・・と、続く、その、音声の道のなかで、

 点滅して、どうやって光るかは分からないけれども、

 もう、さわさわと、さらわれ、流れてゆくよう、

 それで、もう、、ゆっくり、振動したんでしょう、

 見ているけど、

 そっとそっと見ているけど、

 聞こえて、もう、半分以上は聞こえているけど、、

 鳴ったりして、

 もう、声で、出ていたり、

 それで、ただに振動したんでしょう、なんて、

 言葉を、言ったり、しているんでしょうけれど、

 見てるけど、聞いてるけど、、

 なんて、

 感情って、いったりするけど、なんて、振動でしょうけど、

 身体は、もう、声に出て、少し前から、

 ちょっと振動でしょうけど、