<1331>

 そうそうそれはそうとじりじりじりぶかぶかと徐々に、

 緩慢に煮え立とうとしていて、、

 、、煮えた、

 あ、、と、言う、

 漏ること、

 漏ることを、漏る、見ていると、もう、吹く、

 もう、、知らないので、と、言うのも、ここから先は知りようがないので、

 ぶかぶか、ぶかぶかと漏る、それは続く、を、 なにや緩慢に見ていることになった、、

 

 なにや緩慢に吹きこぼれるのじゃないですか、と、

 言っていることになった、、

 身体が、この時にひとつあり、見つめる速度をすべて持っていかれたように思う、

 吹きこぼれていたままであるようにここでは思われる、

 

 大体、もう、色が満載、色が満載の方へ、 ぶかぶか、ぶかぶかとはじの方へ、ゆるみ、ほどけてそのままのびてゆくようへ、、

 結ぼうとして、そのままぶかぶかと、ほぐれてどこへも行かないようなしかたになった、、

 千々にみだれたいような、気になっていた、全体に溶解する、、

 そういう時刻でした、、

 そういう時刻とまたなにか粗いかかわりようをしました、

 のと、

 

 目、が、そうです‐まったく、別様の、あたしがそも‐貼り合わせ、みたいなことかしら、

 目ぃ、がべったり別様へ、、

 はしばしへ、

 静かなこと、が‐どういうことなのかしら、

 

 と、 ずいぶんのちまでのち‐のちまで強く鳴り、

 びん、、と言って続いたりする、

 そのただなかえ‐浮き、、

 緩慢な回転をさ‐しょう、

 と、

 する、、

 合わせたもの‐合わせかたを見ている、

 

 粘、ねん、ねん、と、ねんのねを含んでまたしくみ‐しかたの身体を、新たにする‐吹くようすを、、

 どうにもこうにも、また、粘っていると、おんどがゆっくりと上がったままどうしてもなかなかそれを放り出さない、、

 でいる、

 そのようすを深々と見ていますよ、

 と、、もうほどけきって言うよう、

 だ、

 溶解しているんだものね、その、ね、というようなからだへのかかりかたと言いますかね、

 もう、そっくり縦横‐千々にひらいてゆくなんてことが、、

 ぴんとハッていようなんていうことが、、

 ねを増してきますと、、

 もうからだでもなんでもないようにまでなりますね、