<1338>

 一片の運動が居て、小さな空洞を選み、 反響体のなかを生き急いで過ぎようとした、、

 水滴がいる、

 どうしたって、どうしたってそれは、身体に上手く映っているように見えて、、

 私は小さなほらにいる、

 ほらは上手く呼吸をした、、

 もっとも静かに呼吸をしようとした、、

 

 水があって、ただ波を打っていることで、、

 それは、ウんで、

 どうにも抜けてゆく、、行方が知れない、

 なにかはっきりしようとして、そうもゆかない、

 そうもゆかない、

 

 もっともそうだ、、

 あなたはそこで反響していた、

 呼吸を打っていた、、

 そうして静かに紛るようにしていた、

 

 からの音、

 は、はたして、私はここまでさびしくなることができる、

 と、それは誰が立てたものであろうか、、

 まったく、上手く紛るようになにかぼやけるように見つめる、、

 私はなにも分かるとは思わないまま、、小さなうろの身体へ、少し接近しようとしていた、、

 しばらくすると、身体はどこか、接近を夢だとおもうような‐なんのきない道に出る、

 すっかり‐瞬間に変わるようなことはせないで、、

 どこかでまったく別の物事のなかえ身体は流れてきている、、

 反響に静かに浸かりながら、、

 私は居た、、

 むくむくとのびてゆくものもいた、

 粘性が生まれていた、、

 濃さ、、を言っていた、

 

 それでも、どこか、、

 香りから抜けたもの、

 へこみになって、、

 全然忘れた身体になって、居る、、

 それの、そばへいるというのは大変なことだ、、

 ひろがろうとする、、

 身を、弾き、ひろがろうとする、、

 その、そばへ、身体を付けて、、

 なにか隔たった通路に別の人として立っている、などということは、

 少し、困難なことのように見受けられる、、

 それにもかかわらず、

 陽のなかへ転がり、

 途方もなく膨らんでくると、、

 歓喜以外ではいられない、、

 もう、削り上げようとして、磨き上げようとして、

 けして、くぎるのでないことが、、

 奔放に濃くなってきている、