<1340>

 私は時々踊っていた、

 どうやら時々、

 なにとはなく、ふたがってゆく、、

 なにも抱えていないとは思うのだが、

 時々踊ってゆく、

 皆が上手くリズムみたいになってゆく、

 それは生まれて、、

 私が止んだあとも快く続いてゆく、

 

 そこで私は踊っている、、

 どうしたって、

 上手くたってなんだって、、

 どうやら跳ねあがっていく、、

 どうにも困って、

 「いや、そんな気分じゃないです、ハイ、どうしたって」

トひとりあたまを抱えて、ぐわんぐわん鳴る、その かんからかんとした器のなかに生まれていて、、

 どうやら踊りそう、

 ねえ、見て、どうやらあの人踊りそう、

 なんという響きを持つことしきり、

 

 生まれている、生まれている、、

 次から次から、、

 よく響く器だ、

 なんて、、

 どんどんどんどん法外に膨らんでくる、

 からだなんてどうやったってリズミカル、

 に刻んで、、

 すっかり身体が付いちゃい、馴染んじゃい、

 通りが見える、

 いつもの呼吸をするだけでいいなんて、

 そんなことを思いながら、

 

 踊っている、ちょっと疲れながら、、

 身体も、 身体で、

 どうやら、紛れている、、

 飛んだり跳ねたりはなんだろう、

 少し激しくて、、

 少し最初から落ち着き過ぎているような、

 そんなところえ、

 乱暴になだれこんでくるところなど、、

 を、見ている、、

 

 なんだ、なんだ、、なんだ、

 私は踊っているぞ、、

 嬉しいけれど、、

 嬉しさって踊るんだっけ、

 どうだかな

 ぱっと‐ぱっと呼気揺れるけれども、

 なにかな、

 時々踊ることってこんな響きを持つかな、

 場所が、そのままにあるから、

 上手く攪拌できるけれど、

 ちょっと、ステップしたい、

 少し呼気があれば、

 もっと時々は踊っていたい、、