<1373>

 灰色の揺れは静かな人の上に収まった、

 それで、薄い意識、、

 どこかこの色合いの先、、

 呼気があちこちで点滅する、

 やがていくつもの空気のかたまりが、

 流れが、、

 各々身体を止めている、

 うたいの身体を持って、、

 

 この、日のなかに、

 わけもなく出てくる、、

 それは、静かな人が、 自身しか、、

 まるで決まった時間と、方向しか見ていないような、

 形で、

 少しこぼれてくる、、

 

 小さな声のうたいが、 ずっと表へ出たそばから内側に、内側に響きを及ぼして、、

 その身体にままで打たれている、

 まったく、静かな作業のうちに、

 さっきまでの道は消え、呼気も消え、身体も消えて、

 ほうけた陽の範疇に、

 少しずつ回転を繰り出しながら、、

 僅かに去りながら、いる、、

 いるままでいるんだろう、、

 もう少し上手く流れに溶けていくだろうと思うのに、

 やけに重層的な、

 やけはちな、、

 そして身体が居続け、

 少し重たいということ、、

 

 少しの騒擾が、

 いくつかに分かたれたあたしを過ぎるのを、

 騒擾が、、

 まったくいくつもの線に乱れて、、

 騒擾が、、

 また身体を生んでいた、、

 輪郭線を濃くつくりあげていた、、

 その日、、

 

 その日に私は生まれ過ぎていた、、

 まったく過剰な目のなかへ、

 光線として、、

 映り過ぎていた、、

 光で火照り上がったひとつの身体が、、

 いつも灰色の揺れの夢のなかを動こうとしているのも、

 誰かがそれを吹いたひとつの音のさなかで知れるのも、

 まったく、頼りないほどで、、

 静かな膜を必要としていた、、

 華やかに ちぎれて、、めまぐるしく、、

 騒擾の、、

 日のなかのまたもうひとつなかで、、

 激動の踊りに、

 灰色の煙を吹きかける、、

 その静けさ、、

 表面の吸収が、