<1389>

 没してる 没し、没してる、

 際立つもの、も、

 その肌の裏側へ、、

 水が動く、、輪を描く、、

 輪の内側へ、、

 探してる、いや、巡り方を、、

 発音や、 明確なリズムや、

 身体を折って、、

 埋もれて、濁って立っている、、

 

 あ、あ、そう、没してる、

 投げられたものがここで速度を落とす、

 渦を描き、、

 身体に無数の痕をつけて、

 音がへこむ、、身体が、

 輪を描き、無数の、、

 

 駆けずりまわっているもの、、大仰な光と、

 素早さも、、

 段々に、内側へ、へと、へこめ、

 そのまま、、

 今一瞬でほとんどあらわれたものに、輪を、、

 ひとつの曲線を、、

 

 動いている、、逸れて、

 ところどころ、明りが落ち、

 逸れて、、

 身体の明りは段々に落とされていって、

 どうだか、、

 巡る音、、

 それから、、どうしたってくぐもると、、

 身体は逸れて、、

 

 遅滞する、、

 その日その時刻に、、

 合うべき言葉がなく、、

 潜って、、音のせない、、

 身体の後ろ、

 身体の後ろに濁った音が届き、、

 幾日時にも分けて断続的に鳴る、、

 

 方面を、

 線を、

 ありたけの時間を掛けて巻いてしまい、、

 そのまま、、

 身体の外にある涼しさと、

 訳なく触れながら、、

 その流れは、、

 緩慢に目に映り、日を跨いで、、

 歩く、、

 指している仕草が少し、

 少し回転しながら、

 内の方、奥の方へ、、

 直線を、、一瞬毎に疑りながら、、

 今を、どうか、

 濁って、遅滞すると、どうか、と、身体を見ながら・・・、