<1395>

 たなそこにあるもの‐種々のものがなかなか煩瑣な様子をあらわし出すらしいことに、

 身体をアけ、

 そのまま、しばらくつかる、、

 当然渦の目の、いつまでも移って、

 いつまでも揺れて、、

 思うさま、幾方へ、簡単に、勝手々々に響いてくる、、

 その積載の、満載の、、

 上に、静かなもの、

 僅かひとりの、、

 

 まったく器を破ってどこまでも淡々と満たしていこうと、、

 大部のかたまりが、

 どんどん満ちて来て、、

 どんどん揺らいで来る、、

 現物に、まっすぐ手を触れ、、

 物事があっけなく進むのを、、

 何か、今までとは異なるものを眺めているような心地で、

 いる、、

 何か、、

 呼吸の外に、、

 

 必然的に呼吸への接近を取るとき、、

 うろの場が控えて、

 身体の一部分々々々が一段鈍い音へ、、

 それもくだりながら、

 何か眺めているものの合流、

 大部になって、、

 せわしく集中する内部を、、

 まったく厚く、ぼやけて覆ってしまった、、

 

 運ばれているもの、が跳ね返り、、

 大仰な仕草、大仰な声で、

 一面を捉えている、

 一面を、、まのびした表情で、

 移っている、、

 

 大層な流れの、その徐行するなかに、

 日の、ひらけた方面を呑み合わせてあとあとまで続かせる動きが、

 あちこちに見られる、、

 あちこちに訳もなく、見られてもう環境音もなく、、

 ほとんど止まって、、

 広さ以外のことは忘れる、

 どうにも、

 

 あったはずのことが、あって、、

 しかし、

 すみやかな線を辿るはずのこと、

 響きの作り方が各々で似ていて、、

 まったく異なってくる、ということが、次々に改めて明らかになるような、

 空間が、うねって、別の場所へ乗り上げる、

 この、運動の大きさが、失われたり、またあらわれたりして、、

 よろめく、、

 響きが通り、、経験が重なり、、静かにぼやぼやとし出していること・・・