<1397>

 が、身をひろげ、さいわいな声のなかを、、

 歩く、、

 呼気のひとつひとつが高まって困難になっていく、

 その身体のなかで、

 ぼうとする頼りのない一枚の姿は、

 なにか、遅さというものを増してきながら、

 居る、、歩く、

 

 爆発的な膨らみの、

 破れる、破れる、、

 その音のそばに、

 静かに身体を置いておこうか、、・・・

 、どうする、

 連れてきている一切の、、

 膨らみを眺め、、

 運動に、

 ただただ各々の運動に、還ってゆくの、

 

 それを承知、それも分かられて、

 なお僅かな悲鳴の漏れ出す隙間すら見出せない、、

 どこか、、

 この困難はどこか、

 僅かに身の振れて動く、、

 

 まったくもって日の、その内部、あけらかんとした姿の内側に、

 次から次へと遅さ、、

 身体がとても絡みついてくる、、

 揺れて、、練られてくる、

 あれか、これか、音の全体というものなど、、

 まとまって響きひろがりながら、、

 どうした、

 困難とはなにか、、

 困難とは遅さがどこにも増してこないということなんじゃないか、

 どこだ、、

 

 まったく液がそのままに垂れてしまって、、

 誰か、彼か、分かるものか、

 ありたけの外側を受けてどうにか明りの、、

 その場所らしいものを見た、

 が、、身はまとまった遅さで、、

 そこが上手く照らされているのか、どうか、本当のところはよく分からないまま、、

 だらだらと垂れてくるようだった、、

 

 飛んでいた、、

 身体に合わせて、、流れる事、

 流れる眼の、、

 どこに合わせているか、

 それは次第、次第に、

 各々のなかで、遅滞してくるなかで、、

 僅かな交流の、、

 その響き方などをどう取るか、

 しかし不明の視線は新たな息の通う空間をまた曖昧に、なんとも言いもせずに確かめていた、

 どこだ、、

 ただ漏れ出て止まないところは、