<1410>

 日がそのなかで無性に裂け、

 どこからも入る、、

 瞬間毎、ありとある、その点滅が、、

 私にも、それは感じられ、、

 なんとのうひとつの音をこぼした、、

 

 誰がきいているのか、

 それが揺れと揺れ、もう少し細かくなるようになって、こぼれて、、

 いつまでも、、それが身体を縦にのぼっていくような、

 その肌を感じた、、

 その動きを、

 目のなかを、そこで停止して、、まったくひとつの温度だけで、、

 長く、長く、、

 どこまでも揺れている、

 

 どこまでもその揺れは増えて増えて、

 ひとつの、、

 下方であたたまり存在を変えないところ、、

 の振舞いが、、

 ひとつの手の内側にひたとつき、

 そこから限りのなくどこまでも揺すっていく、、

 仕草を、徐々に、徐々に、、

 肌へ慣らしていく、、

 

 その姿にいつまでも分化して日は映り続く、

 その仕草が、、

 よく映る、、長くなった線に、

 音をなくしながら、、

 騒擾もどこかにほうられながら、、

 ただ、光りがそこへ長い時間当たり、、

 見えている、

 目に見えて剥がれてくる、日々の、、

 そこの隙間、、

 ひとつの確認の呼吸と、、

 乱れてはなやいだ表情と、

 隙間のなんのきない姿が見え隠れする、、

 見え隠れする、、

 ささいなうろ、

 

 よろめいた、

 よろめいたあとにひとつの呼吸を置いた、、

 置いただけで、、

 長い渦、鈍重な、、

 中心部のほうとした墨のありかたに、つられ、、

 そこから放射状へ、、

 種々様々のはたらきが、、

 動きの混雑が、、

 それは音もなくはなやかに、、

 どこへも殺到する勢いを、、

 静かな中心面、

 へ、ひとつ乗せる、、

 隙間のなにとなく鳴るさまなら、、

 目で、、

 無数に、縦横に行きながら、

 見ている、、誰かしらととわずに、