<1411>

 なにげなく緩んではいった、

 訳もなく口をアいて、、

 そこへ、、ただ全時間と同じような重量感が上手く含まれるように、

 ひっきりなしに、その日を、ただだらりとアけて、そこで、静かに待っていた、、

 

 日は対面し、

 日は、アいた口を見、、

 ただ戸惑っているばかりか、、

 はしゃぐのをここで忘れもした、、

 どうにか、こうにか、、

 その光線の、終わりのところまで、

 表情を見せて、、

 口の凝視にほとんど乱されていながら、、

 ここへ続いている、、

 

 見るところから見るとこのなんという温度かは分からない空間で、

 どこまでも重なりながら動いて見えていたそうだ、私は、、

 そんなことは一度も知らなかった、、

 知らないままでなにかとこの重なりのなかで、、

 全時間の分だけ生きてきたのだという気がする、、

 

 その生き方のさなかにも、、

 なにほどのアいた穴を意識し、、

 あたしは通路が幾方向にのびているのを、、

 そのままほうけながら見留めて、、

 僅かでありながらそれぞれへ、、小さく声を返す、、

 

 お前、お前、、

 お前という、、

 ひとつの声が差して膨らんだ身体のなか、、

 現れて、、

 現れているままにその姿を見留め、、

 それは、それは、

 それはどこからの響きですか、、

 もうずっと長いんですか、

 私が持っている時間は多分このくらいだと思うのですが如何か、、

 などの、、

 ひとつの声をする、、

 

 底の裏あたりにひたと身体をかけて、、

 連続して響いたものがより広い空間へ、、

 初めにただ小さなひとつの手を出だすとき、

 私には 時間のかたまりが外に向かって流れ出すような気がする、、

 それが目を、アいた口をとらえて、、

 長く入っていくことになるような、、

 なにとあらわしようもないことで、

 響きが続いて、、

 身体がいくつもの層、、

 それがリズムになり、、

 時々温度が変わり、、

 流れにやや濃い点がおりる、、