<1417>

 揺れが立って、

 あたしがここにいる、、

 あたしはここに打ち上げられただけだ、、

 ほんの、一時の波の違いから、

 立ち上がり方の違いから

 揺れてここに来ている、

 

 来て立って、、

 身体がしぶとく、そこで重さを持ち、、

 私の方へ、、

 長く長く滞留していること、

 とどこおる音 をその場できくのと、

 どこからどこまでが身体に含まれ、、

 どこからどう漏れて身体の外に行くのか、

 それを知らないさまを、、

 それなりの遠くから見、、

 呼吸が消える、、

 

 消えたままでその揺れてきかたを見る、、

 私が途方もなく長い時間であることなどを、、

 そこで見るようで、、

 上手く見たような気がしない、、

 呼気もそれ以外もあらわれ、

 私が点であるという錯覚にかえる、、

 ひとつの呼吸を頼りに、、

 身体の、、

 振動数を上手くさわりながら、、

 そこに見る、、

 

 圧し、流されていくさまを、、

 静かに見留め、、

 時々無言であり、時々言葉を少しだけいれる、

 いれただけ揺れる身体、、

 身体だけはじく流れの、

 そのなかへ、、

 静まった時間の振れを、、

 淀んで音が 混じり合い、、

 ただの一音も確かなものはなくなったところで、、

 一種無感慨に、、

 歩はそこを行く、、

 

 行くときの身体をただ自分で見て、、

 自分で見ていると何かどこまでも遠のく、

 あたしは見事に呼吸する、その内側へ来た、、

 何が跡になってとどまっているかはよく分からないのだが、

 ここに来た、、

 歩と不鮮明が混じりながら、、

 そうしてここへ流れ流れながら来た、、

 不断に染みてく、、

 身体の色も形も、

 知っているものから、ほとんど知っているものへ、

 あちらの方へ渡る言葉に、

 どう触れる、どう馴染む、

 呼吸の内側で、、

 停止する混雑を見ながら、、

 僅かずつ風を通す、