<1464>

 方角から、

 なにもかもが見えるので、、

 私は、顔を、、

 その日の入り方のところへ、、

 少しずつ、滑らしていく、

 立ちはじめると、、

 どこへやら、呼気と、ともども、、

 ここ一面、あたりを打つ、、

 その振動が、どこまでも続くのか、、

 行方を、一遍見て、、

 二遍見て、、

 輪郭が、

 像が、、

 ただぼうとしてくるだけである、、

 

 そこへ像の形、 

 像が形のない、、

 少しのけむり、、

 少しの風合いとして、

 あらわされて、

 あらわされたままに、、

 され、時刻の粒、、

 香となにか交流する、

 香も去って、、

 私へ通路、

 いくつかの目を用意する、、

 

 香、や、無感の中を、、

 歩行者として、

 なにげなく過ぎていったりする、、

 息を、吸うと、、

 まったく見たこともなかった映像が入り、、

 私を上手く歌おうとする、、

 それに、跳び上がっていくのではなし、、

 あたしからも、時刻、粒が落ちていく、

 それは、、

 

 方角を見ても、、

 方途、呼吸というものから離れ、、

 静止するあれ、

 あれは目、、

 集合から漏れて、、

 時折忘れかけた香、を発しては、、

 集合の周りを吹き抜けていく目、、

 いつか、ばらばらに散り、

 散発する、呼気、

 そのリズムを聴き取り、、

 惑乱した、時間の端でゆらぐ、、

 

 ゆらいでいたひとすじの身体、、

 ひとすじのならび、、

 なごやかに、、

 散発した日の、、

 風の流れ方、

 私の歩にいくつもの粒が混ざってきては、、

 見たこともない描画を立ち上げる、、

 ぐらぐらと、、そのまま、、

 身体にある通りの揺れを持ち、、

 散じた日の映像を、、

 無感にひっそりと混ぜている、、