<1500>

 自自、微微微、、

 微たり微たりなどやや、そこいら、まったく静かに垂れているのでしょうとして、、

 その、隙間、、

 言葉に、隙間から、徐々に吹いてくるの、、

 とっても、それは、吹いてきて、、

 身体が微々、と揺る、

 揺るところのもの、遠方、遠路に、、

 そのまま、、人間をあわせ、

 あらわれたままでそれは肌だなにだといい、

 そのなかへ、

 微々たれ、だらりだらりと飛び込んでゆくの、、

 飛び込んでゆくものに諸方の香がまといつく、、

 まといついた香のなかで、一言よ、、

 一言、一言、、

 がたらり、微と微という動きをそこへあわせ、、

 あらわれたら流る、、

 流るものもののなかで今の姿を、集めて、、

 いると思う、、姿と、

 身の、、

 

 身のあわせ、、

 これだから未量であってもはじけてはばかられないところへ、、

 ものが、ものが、滑り出でてやまない、

 身のさなかにさっとうしてやまない、さえぎられない、

 うらに、という、

 身の持ち合わせているものの、もっと、うらにという、、

 そこからただ微、、だらだと諸方へ、、

 しかし渦を巻き、

 しかし呼吸音がその後方まで響く、

 そうまでして響き合っている、

 のを、いくつもいくつも集め、

 集めたまま、きいているのかいのなどの、

 やはり仕草、、

 

 やはり身の仕方にだだらと自、微々たるものが、

 ゆったり、ゆったりと、、音も立てずにたまっていき、、

 そこで僅かに揺る、揺りながらでいちにん、

 いちにんともなにとも、、

 ふきあげてやまない凝集の、形、、

 凝集の姿、、

 まちまちの身体へおりていって、、

 まちまちに離れ、、

 その、粘、自、粘粘としたなかを伝われ、、

 今そのような響きが続き、、

 もうそのまま身をもち、とたまるたまるままにせ、とすると、

 これはやはり香、というものがぐるりを巡らざるを得ない、

 とひとことする、ひとこえする、、

 態、それから粘、、自自、微にいり、

 よくかきましてくれるだなどの香をここへ招ばい込む、、

 ぼんやりと招ばい込む、、

 あたしはただこの肌の裏返りの諸々、

 自たる流れをまともに受けて、、

 招ばい込む、、

 身のところどころ垂れて、

 そこへ、