<1510>

 そのままその仕草で、、

 たいらかな、うたいのなかにおりていって、、

 知らせる、、

 知らせる言葉のなかにあり、、

 どうしても、そのなかで、生きていると、、

 身体が浮き上がり、

 浮き上がったままでこちらのほうへ向かうのだ、、

 それを、また、ひそかにきいている、

 黙ってきいたのだ、、

 なにやか、滑り、、

 自然と表面へ、自然と内側へとけていくもの、、

 それが、知らせる、、

 知られたままになって、頬へ、、ゆるやかに、

 あたしを打って、、

 打ったまますみやかに、しらせる、、きいている、

 

 たれか走り出す音がした、、

 たれか、うん、それを、まともにきいたんだ、、

 空間のなかに、今とは、それは違うものも、見つけて、、

 見詰めて、、

 まっすぐにこちらのなかへ入ってくるのだと、、

 それは、言うんだ、、

 言ったまま、そのひろやかなところで、

 どうしても、きこえる、、

 それが生きているに違いない、、

 それがはざまで、、さわさわと音を立てて、生きているのには違いがないけれども、、

 それをなにとなく黙って頬に当て、、

 生きて来る、、

 私はこの呼吸の核になるところへ、、

 さいわいな手をひとつ、のばしはじめているところで、

 そのさまが、、どうしたって見えているのだ、、

 あなたの肌のところにも、、そういった、、

 やわらかい香、という香的なものが、

 きこえて、、

 

 はれやかに香ったきりの、

 その内側、、

 その内側のだいだらと続くところ、、

 諸方を見留めて止まないものの、

 大いな姿が、静かに映り込む、、

 映り込んだらそこへだらり、、

 身は身として、いつまでも混ざる、、

 混ざりあったひとつの、なにやか、、諸方の、

 すみやかなはげしさをここらできくのか、

 と、、ときおりそのようなことをおもい、、

 身体のなかで、動かしている、、

 のを、、だらりとした身になって、きいている、、

 は、誰の姿、、

 はれやかな風に当たり、、

 方途、方向、、あたしの方をそのような勢いでゆく、、

 なにがたれているのかしら、などいう、、

 言葉のうしろでひそかに出合い、、

 あたしは肌と肌のあいだに、

 またもや渦を巻いて生きた、、

 方途、風が2つに分かれる・・・、