<1514>

 身体のなかに立っていた、、

 それがそもそも、なかに、、

 私は、立ち上がるもの、それらを、

 僅かに見留めていた、、

 その、吹き、風の吹きに、

 私は、すでに、もろもろが、とかされこんでいたの、、

 などと、言葉の端、端に、、

 それを知らう、知らうとする、、

 揺らいできて、、揺らいだままのものいくつも、、

 確かめたまま、

 そこで過ごしている、、

 

 一連の行き来の、

 その途方もなくまどろんでゆくなかで、、

 ただに地面があらわれ、、

 そこに身体を、

 身体の端を、、

 くっつけている、

 くっつけたままに、なにか、安堵するんじゃないか、

 なにが、身の一切が、安堵するんじゃないか、、

 かたい、日に、、言葉を、まともにたてかけているひと、、

 たてかけているひとが、

 いる、、

 その呼気のなかに、、

 安堵の呼気を立てかけている人がいる、、

 その、うつろいゆく、呼吸の、ましょうめ、

 まちゅうおうに、、

 あなたが、ただ、だらりと立てかけていたものの、

 温度を、ひとつ知らう、

 知らうよ、、

 

 ざらざら、ざらざらと、

 した、、

 地面に集まり、、無感、無表情に、

 波が打ち、

 熱が立ち、、

 ただあたしのなかへさら、さらと、、

 した、、

 巡りが、どうも、立ちのぼってくる、、

 どうも、、かたらかたらと日に違いないものが、

 すみやかに私の中で、立ち上がる、、

 立ち上がろうとするもの、は、ぼうぼうと燃え立っていた、

 ぼうぼうと燃え立つまま、、

 底に、、

 ひとりで、生きていた、、

 ものも、地面に、ざらりと立ち、、

 ざらりとうたいながら、、

 私の方、から、諸方へ、

 行き来をする、、

 行き来をする、ひと、というものが、ざらりと、

 ここへ見えて、、

 ざんと、あたしは、声を掛く、、

 どこまでからどこまで響いたのかしら、、

 どこらからどこらまで、、きこえて、、