<1816>「内の存在量へ」

 あらくつける肌に、巻かれ、、

 それぞれの方途を静かに見せ、ここへ映る、、

 なにがな、そこへ、、

 一量で知られて、私は揺らぐ、、

 一量のほうけのなかに姿を見せている、、

 あれ、私は剥いで、

 そのなかを嗅ぎ、ここへ映ることにして、、

 そのままひとつの存在をうたい、

 そこへ着いたの、、・・・?

 身体の一量がそこからほうけて、、

 今またその様子のなかへ着いたの、

 あなたは、ひどく静かだけど・・・

 

 そこから巻き、そこからうたい、そこからハケ

 あなたは静かなのです、

 この呼吸が今また静かに知られるさまのなかにいて、

 とても、

 私は止まない、、

 揺れを、印を、、

 そのなかに確かめて、、

 あたしは揺らぐ、

 過去一量のさわぎ、

 過去一量の憧憬が、、

 この方途のなかに溶けて今あなたを歌っているのです、

 緩やかに、

 緩やかに、緩やかに、、

 あたしは器のなかへばらばらに散りながら、、

 その方途を確かめて、、

 あまりにはっきりと、、そのうたいのなかへかえる、、

 今に見ればそれは長く揺らぎ、、

 身体のなかへふらふらと、、

 私は存在量をここに置きながら、

 ふらふらと、

 掴むマのうたい、、

 私の肌の様子も混じり、、

 身体が増えて、転がる、、

 ここに用意された土に、当たり前に転がる、、

 

 いちどきにその香の全て、、

 いちどきにその方途の長い、、

 静かなこわさと、

 柔らかい手首のたくみな仕方のなかへ、、

 いつとはなくこぼれて、

 いつとはなく生まれる、、

 あたしは知らず知らずその回転のなかへ身体を合わせて、

 深さのなかで、、

 ぽつぽつと声を打つ、、

 なにか、なにか、なにか、

 身体の波から生まれて、、

 いちどきにその様子のなかへかえる、、

 それからふたつに浮かび、、

 私は手のなかへ合わせる、、

 なにか、なにか、なにか、、

 長い響きのなかに埋まり、

 私を差して、、

 そのものがそばに揺らぐさまを見ている、、